手打中華(650円)+餃子(350円)@宇都宮市・みうら

2017-02-22
那須高原のハンタマへ滑りに行った帰り道。
朝は餃子、お昼はガッツリカツカレーだったんだけど、温泉に入ったら全員一致で「なんか腹減った」w
ということで、ラヲタな俺チョイスのお店で一杯食べて帰ることに。
栃木といえば佐野ラーメンですが、こちらは「とら食堂」系の白河ラーメンが食べられるんだとか。

休日17:50到着。なんと店内はほぼ満席!
しかし、運良くテーブルが1卓だけ空いていたのでギリ着席。後客も続々。
客層は若者カップルから家族連れ、お年寄りグループまで様々。こういう店はたいていいい店!
では、まずはお手並み拝見、手打中華と餃子をお願いします。

MIURA

待つこと15分ほどで着丼。

MIURA

うはっ・・これは。。食う前から絶対旨いってわかるやつ!!
丼から決壊しそうなナミナミのスープ。そして王道のチャーシュー、ネギ、海苔、青菜、ナルト。

MIURA

ではスープを一口。
ほぉ、「とら系」ということで、キレのあるクリアな醤油スープかと思っていたら、時間帯のせいなのか結構濁った感じ。

MIURA

味わうと、カエシは控えめで豚ガラを中心とした旨味構成ですかね。香味野菜のアクセント等はあまりなく、非常に素直な薄口スープ。油はそれほど多くなく、サラッとしています。こりゃ全世代にウケる味わいですな。
ちなみに、冷めてくるとジワリと豚のクセが出てくる感じ。この感じ好きだなぁ。

MIURA

麺は、チュルチュル、モチモチとした高加水の中太麺。
手打ち、手揉みの食感のランダム加減が実にいい感じで、さすが白河系。麺量は130g程度。

MIURA

チャーシューは、縁が赤く、吉村家とかに良く似た燻製香がするロース煮豚。
量は薄いのが3枚。ミッチリした歯ごたえで、これは旨い!
メンマは細くショキッとした食感。味付けはニュートラルで全体を邪魔しません。
青菜はシャッキリしたほうれん草。そのホロ苦さがいい感じです。海苔は小さくて溶けちゃったw

MIURA

餃子は小ぶりなのが5個。モッチリした皮で、外カリカリに焼きあげられています。
餡はシャキシャキの野菜が中心で、肉汁系の餃子をは異なりさっぱり食べられるもの。キャベツを結構大きめにカットしてる食感が特徴的かな。結構好きです。

MIURA

運転があるので飲めなかったけど、ここにビールを合わせちゃったりしたら最高だろうなぁ。

ということで、サクッといただきごちそうさま。
地元の全世代に愛されるのも納得の、王道の白河系手打中華でした。
こりゃおそらくワンタンも間違いないだろうし、この麺で味噌ってのも合いそう。。またこのあたりにボードに来たら寄りたいですね。

--

みうら


関連ランキング:ラーメン | 宇都宮市その他


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2540-fddfcfa5

<< topページへこのページの先頭へ >>