チキンジャンキー・大盛(700円)@大阪市/堺筋本町・ふく流ラパス 分家 WADACHI

2017-02-02
大阪での打ち合わせが終わり、さて帰りの新幹線までに何杯か食べますか。
ということで、心斎橋から歩いて堺筋本町泡系の名店である「ふく流 轍」の支店である「ラパス」へ。
ラパス・・・おそらく「ラーメン」+「パスタ」の造語と思われます。つまりそういうヤツですなw

平日18:10到着。
厨房を囲むコの字カウンターは半分ほどの入り。
食券機はないので卓上メニューを確認。
どれもパスタライクなまぜ麺スタイルで、オリーブオイルあさり出汁、鶏白湯ナッツ、明太、カレーの4本柱。

RAPASRAPAS

お昼にあさり系食べたし、鶏白湯にしてみましょうか、と「チキンジャンキー」を口頭オーダー。
麺量はデフォ150g、大盛は無料で200gとのこと。んじゃ大盛で。
ちなみに麺の量は(食べられるなら)もっと増やしてもサービスっぽい感じでした。
というか店員のお姉さん、むちゃくちゃ感じいいですね!食べ終わって出る時も扉をあけてくれるなど、ラーメン屋の接客としては素晴らしすぎます。

RAPAS

待つこと6分ほどで着丼。
たまに見る、縁が斜めにカットされた白いボウル型の丼。
麺はタレと絡められており、上には低温調理の鶏モモ、皮を細かく刻んだもの、フライドオニオン、紫タマネギ、水菜、カシューナッツ、柚子皮、中心に卵黄とカイエンペッパー。

RAPAS

まずタレを味見してみると、ドロっとした濃厚鶏白湯に醤油ダレを加えた、非常にスタンダードな甘辛系の味わいですね。
これを麺に絡めたら、うん、こりゃ間違いないでしょうね。
麺は加水高めのモチモチ平打太麺。ソースとの絡みもいい感じ。

RAPAS

途中から卵黄をつぶし全体に絡めれば、そのコクアップ効果もあって、ズルズルと入っていきます。

RAPAS

ただ、メニューに「カシューナッツの香りを・・」と書いてあるほどカシューナッツ感はないかな?

RAPAS

汁なし担々における胡麻のように、ナッツ感モリモリなのかと想像していたのでちょっと拍子抜け。

RAPAS

鶏肉はレア仕上げでムッチリした歯ごたえがいいですね。一口サイズに切られているので食べやすいです。
水菜、タマネギはいい清涼感アップアイテムなんだけど、タマネギが辛いですね。。。ジャキッと噛みしめると口の中がタマネギ風味一色に。これは残念。柚子は鉄板のアクセントに。

RAPAS

うーん、やはりタレが甘口で単調な汁なし、途中で飽きてきますね。。。
卓上の胡椒とカイエンペッパー等を駆使しつつ完食でごちそうさま。

RAPAS

うーん、ラーメンの新機軸というのはわかりますが、「ジャンキー」というほど振り切ってない感じもあったし、ちょっと予想の域を出なかったかな?
洋風な汁なしラーメンに関しては、日本一といっても過言ではないお店にちょくちょく通ってることもあり、ちと不完全燃焼感は否めないですね。次回食べるなら、カレー味という「ダブルクラッチ」かな。
#というか、今の若い子「ダブルクラッチ」って言葉知らないだろうなぁw

--

ふく流ラパス 分家 ワダチ


関連ランキング:油そば | 堺筋本町駅本町駅長堀橋駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2523-cc32a670

<< topページへこのページの先頭へ >>