熊本玉名ラーメン・ニンニクチップ入り(750円)@池袋・熊本玉名ラーメン

2017-01-20
今日の晩飯は池袋で。
そういえば、石神さん企画、樹庵さんプロデュースの期間限定のお店がまた入れ替わったんだっけ、と思い立ち、「玉名ラーメン」をいただきに行ってみることに。

玉名ラーメン。。熊本県玉名市のご当地ラーメンだそうです。
呑龍みたいのが長浜ラーメンとか、美登里は佐賀のラーメンとか、東京のお店の味と対応付けた断片的な知識はあるのですが、そもそも九州にまだ上陸したことないし、玉名ラーメンってのは食べたことがないなぁ。
同じ豚骨でもどんな雰囲気なのか興味津々。

平日19:50到着。店内はほぼ満席。今日は外国人の方が多いですね。
1席だけ空いていたので、券売機で「ニンニクチップ入り」のボタンをポチ(ニンニクなしも値段は同じ)。

TAMANA RAMEN

着席し食券を提出、細麺なので数分で着丼です(麺の硬さは聞かれなかった)。

TAMANA RAMEN

ほぉ、熊本というとマー油、みたいな先入観もありますが、これはそうではないんですね。
#調べてみると、久留米→玉名→熊本(桂花、こむらさき等)という系譜なので、玉名は時代的に久留米ラーメンと熊本ラーメンの中間みたいな感じなのかな?
キラキラと乳化したベージュ色のスープの上には、チャーシュー、キクラゲ、海苔、ニンニクチップ、ネギ。

TAMANA RAMEN

ではスープを一口。
ほぉ、こういう感じですか。
トロンとした粘度、豚骨の香りと甘み、そしてタレの風味のバランスは完璧。豚臭さはなく、個人的には理想的な濃厚豚骨スープ。旨いです!

TAMANA RAMEN

濃度を求めると、粘度が上がりすぎたり、臭みが強くなったりいろいろ弊害(それが逆にクセになる場合もあるけど)が生まれる気がしますが、そういったマイナスのクセが一切ないのが素晴らしいですね。
現地では食べたことないですが、この豚骨は誰にでも好かれる味わいな気がします。

TAMANA RAMEN

途中からカリカリのニンニクチップを混ぜあわせると、こりゃ間違いないパンチの効いた味わいになりますね~。

麺は三河屋製麺のプッツリした食感の細ストレート。
細麺の毛細管現象でもって、グイグイスープを上げてきます。

TAMANA RAMEN

茹で具合を指定できないにもかかわらず最初から若干緩めな噛み心地かな?現地でもこういう感じなんですかね?
個人的にはもうちょっと固めの方が好みかも。
麺量は少なめ。替玉は。。150円かぁ。替玉100円というマイルールに従いここは我慢w(最初から大盛100円にした方がよかったかも?)

チャーシューはホロリと柔らかいバラ煮豚スライスが3枚。
キクラゲはコリコリでいいアクセント。海苔は厚めで香りよいもの。青ネギは鉄板の相性。
途中から、卓上の紅生姜を入れて味変→スープほぼ完飲でごちそうさまでした。

現地の味はわかりませんが、しっかりした口当たり、濃厚な豚骨の旨味を両立し、かつクセが少ないので、誰にでも進められる良質九州豚骨スープ、といった印象で気に入りました。
そろそろ、九州で実際にいろいろ食べて勉強しないとだなぁ。。

--

熊本玉名ラーメン


関連ランキング:ラーメン | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2517-aabffbfe

<< topページへこのページの先頭へ >>