小ラーメン・ヤサイ(700円)@麹町・麺屋岩瀬 FINAL

2017-01-12
#このお店は既に閉店しています

今日は、AMの客先打ち合わせからの~PM麹町オフィス。
そういえばこの前京橋店で岩瀬さんに会った時、「11日やりますんで!」って言ってたっけ。。と思い出し素良の前を通るとなかなかの行列が。
そう、今日は「麺屋岩瀬」のFINAL営業!

・・・説明しよう!
麺屋岩瀬とは、今は亡きソラノイロ2号店の店長、かつラーメン二郎大好きな岩瀬さんが、新福菜館リスペクトメニュー「肉ソバ」をベースに二郎っぽいやつを作り「まかない肉ソバ」という名で提供し始めたメニューが人気に→以後2号店が「素良」に変わった後も、素良の非営業日にひっそり間借り営業として「麺屋岩瀬」屋号で同メニューを提供するようになった、というお店。
素良が今週末でもって店を閉めるとのことで、自動的に麺屋岩瀬の間借り営業の場所も終了→今日で最終営業!とあいなったわけなのです。

最終営業ということで、これまでこのメニューにタッチしてこなかった宮崎店主も参戦。
スープや豚を宮崎さんがブラッシュアップした特別バージョンとのこと。これは食わないといけないやつでしょう。

MENYA IWASE

100食限定とのことで、1時間あたり30杯出たとして3時間は大丈夫かな?と予想。
一旦オフィスへ戻り一仕事した後、余裕を見て13:40到着。おぉぅ、店内満席、待ち4!まぁでもこの程度なら当然行列に接続です。
待つこと10分ほどで席が空き店内へ。客席はオール野郎w

ほぉ、二郎好きなら誰でもニヤけちゃう、醤油と豚の入り混じったあの香りが充満してますぜw
厨房には宮崎さんと岩瀬さん。一時期2号店で見られた黄金コンビですな!
さて小の食券を購入→ご挨拶し着席。
10分ほどで「どうしましょう?」とコールタイム。この後密室で打ち合わせがあるので、さすがにニンニクは死刑→泣く泣くヤサイのみで。

MENYA IWASE

ほぉ。。キャベツの緑がいい彩りですねぇ。ヤサイコールでも量はそれほど多くないです。
スープは非乳化、油層は薄め。しかしまた、豚のシズル感ハンパないっすね!
#この日は写真OKだそうで、お言葉に甘え素良で初写真ですw

MENYA IWASE

ではスープを一口。
うん、カエシの醤油感がギュンギュンに効いた、パンチの効いたスープですね。
口当たりはサラリとしており、前述の通り非乳化。油層は薄めなので、アブラコールしてもよかったかも。
先行するのは醤油のストレートな風味。続いてバンッと口中に広がる豚の旨味!後味には仄かに生姜の香り。こりゃたまらんです。
イメージ的には、二郎というより、2号店の肉ソバのスープを、塩、油、旨味全方位でブーストしたような印象かな?

MENYA IWASE

麺は自家製、エッジの立った角断面極太ストレート。茹で前の姿を見ると、オーションっぽい色合い。
二郎のデロ麺とは異なりますが、ハリとコシの強いしっかりした歯ごたえのもので、キレのあるスープと合わせめっちゃ旨い!
麺量は200gですが、これ余裕で300行けたわ。。小に日和った自分に反省。

MENYA IWASE

そして注目すべきが豚。
素良」でも使われているブランド豚「瀬戸のもち豚」を惜しげも無く使った豚は、フワッと柔らかく脂身の甘味も最高。
これ直系で出てきたら間違いなくネ申豚認定でしょう。
また、端豚にギュギュッとカエシが染みこんでショッパーな部分が、たまらなくうめぇ~w

MENYA IWASE

ヤサイはモヤシ9:キャベツ1くらい。シャキッと茹でられており熱々。臭みもなく上々。

MENYA IWASE

二郎系に限らず、ヤサイ載ってる麺って天地返ししたくなりますよねw

MENYA IWASE

旨い旨い、と瞬時に固形物完食し、大満足でごちそうさまでした。

食後「この醤油、いいっすねぇ~」と宮崎さんに話してたら、醤油の一斗缶を見せてくれました。
なんとそこには「カネシ醤油」の緑ラベルが!やはりこの味わい、カネシだったのかΣ(゚Д゚)
高くて旨い醤油のコクとはまた違う、このギュンギュンした醤油感、たまんないっすわw

ということで、ラスト麺屋岩瀬を満喫です。
二郎完コピではなく、こんなメニューなのにちゃんと「ソラノイロ」してる上品なカッチリ二郎という感じで、楽しめました。
この店舗での営業はもうないけど、またどこかで「麺屋岩瀬」の暖簾が復活することを祈念しておりますw

ちなみに今週金土は「素良」のラスト2デイ祭り。
醤油・塩共にTRY上位をかっさらった(しかも写真非掲載w)上での電撃閉店という「勝ち逃げ」パターンがちょっと笑っちゃいますがw、売り方はともかく中身はマジで旨いので、興味ある方はぜひ!

--

素良


関連ランキング:ラーメン | 麹町駅半蔵門駅永田町駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2512-4480b90a

<< topページへこのページの先頭へ >>