スパイストンコツソバ(880円)+替玉(メルマガクーポン)@京橋・ソラノイロ トンコツ&キノコ

2016-12-19
今日のランチは有楽町。
14時近くでお腹ペコペコ。さてどこで食うか?
まず頭に浮かぶのは交通飯店、キッチン大正軒、あけぼの、そしてジャポネの(俺的)有楽町四天王。
でも今日はちょっと時間に余裕もあるし、京橋のあそこに行っておきますか。

ということで、いつも麹町でお世話になっているソラノイロさんの新店狙いで京橋方面へ。
有楽町四天王の誘惑を振り払っても、このルート、魅惑多すぎですなw恵み屋、松若、わんぱくも通過しようやくエドグランへ。
エスカレーターで地下に降り、直結する地下鉄京橋駅改札前に、ありましたソラノイロ

平日14:00到着。店内はこの時間でもほぼ満席をキープ。後客も続々です。
食券機で主力メニューである「スパイストンコツソバ」をポチ。
あら?オープン当初は900円だったようですが、880円に値下げしたんですね。B1F、1Fに競合店も多数あるし、価格調整したんでしょうな。客として、値下げは素直にうれしい限りw
券売機に「苦手な方はパクチーをネギに変えられます」と書いてあるので、店員さんに食券を渡す際にネギでお願いします。

SORANOIROSORANOIRO

カウンターが一杯だったので、全員相席となる大きなテーブル席へ。
店内は、今は亡き2号店と同じテイストの、ポップで明るい雰囲気。女性のお一人様も多いのも頷けますが。。。オッサンにはちょっと華やかすぎて、ちょっと居心地がw(^_^;)
厨房には宮崎さんはいらっしゃらず、岩瀬さんが陣頭指揮。

SORANOIRO

テーブル上には、さすが一風堂出身!辛いモヤシが食べ放題w
辛モヤシをポリポリ食べながら、待つこと10分ほどで着丼。

SORANOIRO

小ぶりですが深さのある丼には白濁スープ。トッピングはチャーシュー、モヤシ、AZS味玉、スライスオニオン、分葱が2本。
うーん、綺麗な色合いだけどちょっとレイアウトがとっ散らかってるような。。

では早速スープを一口。
・・・おっ!これは旨い(*´﹃`*)
オープン当初はかなりカレー色が強かったようですが、スパイス配合を見なおしたとのことで、「カレー」というよりはまさに「スパイススープ」って印象になってます。
#たぶんみんなに「カレーっぽい」「カレーラーメン」って言われて、宮崎さんも面白くなかったんだと思われw

ベースの豚骨は臭みなくサラリとした口当たり。しかしさすが元一風堂、豚の旨味が非常に分厚く、上に何を載せてもびくともしない存在感。
飲みこんだ後、口にラードのペットリ感が残るのが豚骨スープらしさ。また、塩ダレにも相当旨味を閉じ込めてるっぽいですね。塩梅は強め。

そして、主役であるスパイス。
クミン、カルダモン、オールスパイスあたりがグッと前面に出るエキゾチックで爽快な味わいです。
まぁ言ってしまえば「ガラムマサラ」的な豚骨スープなんですが、カレーっぽくならないギリギリのラインで、非常に爽やかなスパイス感を演出していると思います。
味わい的には、後楽園のMENSHO TOKYOさんのスープを、ラム→豚骨に置き換えたような雰囲気ですね。
辛さや痺れはないですが、スパイス効果でお腹の中からポカポカに。それでなくても汗っかきなのに、もう汗だくっすわw

SORANOIRO

麺はおそらく渡辺製麺、中細平打ストレート。
いわゆる豚骨ラーメンでは定番のザックリ低加水の細麺ではなく、ツルツル、ムッチリとした高加水麺を組み合わせてるんですね。
うん、これはスープの個性とも非常によく合っていると思います。麺量もいわゆる博多麺よりは多め。

SORANOIRO

チャーシューは低温調理の豚ロースをスライサーで極薄に切ったもの。しっとり旨い。
モヤシはなんてことないモヤシかと思いきや、ラーメン屋としては珍しくしっかり根切してる?この一手間で、口に入れた時の印象違いますよね。
AZS味玉は本店と同じ味わい。ネットリした黄身に調味液の旨味が染みこみ抜群に旨い!
モヤシの上にはハリッサと味噌をブレンドしたものが載っており、豆板醤的な味わい。これをスープに溶かすと。。ちょっと雰囲気変わるけど、やっぱり強いスパイス感が全体を支配する戦況に変わりはないです。

SORANOIRO

メルマガクーポンで替玉が当たったので、麺を食べ終わるちょっと前に替玉をオーダー。
数分で着皿ですが。。おぉぅ、結構麺量ありますね。140gくらいはありそう。

SORANOIRO

スープが旨くて結構飲んでしまったので、ちょっと汁なしっぽくなりますが、卓上のタレとすりごま、それから辛モヤシも投入していただきましょう。

SORANOIRO

ちなみに塩ダレ単体で味見してみると。。これは。。持って帰りたいくらいいいカエシw
スープと合わさるとわかりにくくなってしまう魚貝系の旨味がギュンギュンに詰まってますな。

ということで、サクッと完食完飲。大満足でごちそうさまでした。
一風堂出身ということで、豚骨をやるにあたっては相当プレッシャーもあったと思いますが。。スパイスという観点を見出すことで、新たな豚骨の可能性を見出すことに成功した一杯ですな。
シンプルな豚骨も間違いないだろうし、2号店名物だった「キノコ」もこちらで復活したようだし、再訪は確実です。

--

ソラノイロ トンコツ&キノコ


関連ランキング:ラーメン | 京橋駅宝町駅銀座一丁目駅


関連記事
コメント:
ソラノイロが豚骨?
なんて無邪気に考えていましたが、一風堂出身だったのね(汗
一風堂出身の人は何気に良い店を作るという印象があります。

>スパイスという観点を見出すことで、新たな豚骨の可能性を見出すことに成功した一杯ですな。

 ナイス形容!
 店内や価格、味の推移の描写など、実にお見事で、
 惹き込まれました。
 どうしようかな?
 と思ってたお店ですが、今の慌ただしさが一段落したら、お邪魔しようと思いました。
 ・・って、いつ一段落するやら。
[2016/12/21 13:07] | GT猫 #- | [edit]
>GT猫さん

こんばんは&コメありがとうございます!

>>一風堂出身の人は何気に良い店を作る

それ言えてますよね。
今やラヲタの琴線には触れないお店なれど、内部で人材を育てる仕組みがしっかりあるんでしょうねぇ。

で、こちら。
開店当初は結構カレーっぽいチューニングだったそうなんですが、今はカレーとはまた異なる独特のスパイス感が楽しめる「スパトン」な一杯になってると思います。
同じフロアに飲食店が多いせいか、ピークさえ外せば並ばず食べられるはずなので、機会あればぜひ!
[2016/12/28 17:19] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2507-fb3f9bf6

<< topページへこのページの先頭へ >>