小(700円)+ライスダイブ(50円)@大阪市/中崎町・麺屋 頭上注意 ふすかけ1.8号店

2016-11-27
丈六さんで一杯食べ、二見の豚まんを買って梅田へ。
阪神地下のイカ焼きを買おうとしたら、ありゃ、20時までだったのねorz
さて、帰りの新幹線までちょっと時間があるなぁ。。まだ腹には余裕あるし、もう一杯行っとくか!

ということで、荷物をコインロッカーに入れてテクテク歩いて中崎町方面。
ふすかけ」以来有力なラ店がポツポツと進出してきてるエリアですね。
今日の狙いは、「トリュフまぜそば」を出しているという、ふすかけの2号店(正確には1.8号店w)。
実は本店には行ったことないので(貝が載ってるの苦手)、初ふすかけになります。

平日20:10到着。
地図を見てこのあたりだろうな、という路地まで来たのですが。。え、ココ!?
路地裏の屋台的な感じで、半屋外には2つのテーブル。そしてその奥に間口3mくらいの小さなカウンター。確かにこの環境は「1.8号店」だわw

外のテーブルを含めほぼ満席でしたが、カウンターが1席空いていたので、狭い隙間を縫ってなんとか着席・・・・と、その前に頭上の鉄骨が頭にヒットorz
店名「頭上注意」ってコレすか。。。w

今日の厨房はふすかけの店主さんだったみたい。手が空いたタイミングで「小」をお願いします。
メニューはまぜそばのみ。サイズは小(150g)、中(200g)、大(300g)で100円ずつアップする体系。

ちょうど注文が集中していたタイミングだったようで、待つこと10分ほどで「よく混ぜてお召し上がりください」との声と共に着丼。
ほぉ、この狭い厨房から出てくる一杯にしてはなかなかちゃんとしたルックス。

ZUJO CHUI

麺はタレにヒタヒタに浸かっており、その上には薄切りのチャーシュー、ピーナツ、青ネギ、ムラサキタマネギ、フライドオニオンに魚粉、そして海苔、レモン。

ZUJO CHUI

では麺を引っ張りだし一口。
麺は加水高めの中太平打。滑らかな麺肌で、タレ&油と合わさると、ニュルリとした食感で啜り心地がいいですね。
タレは甘辛い醤油ダレに背脂等も入っており、なかなかジャンクで間違いないやつ。

ZUJO CHUI

チャーシュー以外の具材はみな細かく刻まれているので、全体の一体感がしっかりあります。
この細かく刻まれた具とタレのバランスが非常によく、特にピーナツの香ばしさとタマネギのシャキッとした食感がいいアクセントに。ありがちなまぜそばですが、なかなかバランスよく仕上げてます。

ZUJO CHUI

そして、このまぜそばはここからなんです。
卓上の「トリュフオイル」を3プッシュすると、ブワッと立ち上がるトリュフの芳醇な香り!

ZUJO CHUI

これまで正直フツーだったまぜそばが、一気に個性を主張します。こりゃ旨い!
「3プッシュまで」って書いてあるから素直にそれに従ったけど、個人的には9プッシュくらいしたいw

途中から卓上アイテムで味変。
個人的には、刻みニンニクを少し入れてタバスコを振って食べるのが結構旨かったかな?

ZUJO CHUI

海苔は厚くいい感じ。
チャーシューは極薄スライスの巻豚。ホロリと柔らかでいい感じですが、仕込んでからちと時間経ってた感。

ZUJO CHUI

ここにレモンをギュッと絞ると爽やかな感じになるんだけど、同時になんかちょっとアジアンな雰囲気になりますね。
こりゃナンプラーとか入れても旨いだろうなぁ。。とか思いつつ、麺量は150gなので瞬時に固形物完食。

ZUJO CHUI

まだ腹的に行けるので、50円玉を出して「ライスダイブ」をお願いします。ライスダイブ、いわゆる「追い飯」ですな。
小さなガラスボウルに盛りつけられた一口サイズのご飯にトリュフオイルを垂らしたものが配膳され、これを残ったタレに入れて混ぜる!

ZUJO CHUI

・・・あ、タレをたっぷり麺に絡めて食っちゃったので、タレが少なくご飯全体に行き渡らないよorz
タレって言ったら足してもらえるのかなぁ。。。店主さんは常連さんとの会話で盛り上がっており、ちと話しかけにくい。
仕方ないので、卓上の黒胡椒をかけてアクセントにして完食。ごちそうさまでした。

うん、汁なしって以外に麺とタレと油と具のバランス取るの難しいと思うんだけど、さすが実力店の作、そつなく仕上げてきた感。
また、トリュフオイルという飛び道具の使い方も非常に効果的で、このプラスアルファはかなり魅力ですね。これはマネする店続出な予感。
量的には、小だとおやつ・つまみ的な感じにも楽しめそうです。
ただ、トリュフオイルの原価がどのくらいするのかわからないけど、これなら小600円台スタートくらいだと嬉しいかな?

--

麺屋 頭上注意 ふすかけ1.8号店


関連ランキング:油そば | 中崎町駅天神橋筋六丁目駅扇町駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2497-9eb999ab

<< topページへこのページの先頭へ >>