【10月限定】ふく流 remix ver.UME(800円)@大阪市/本町・ふく流らーめん轍

2016-11-18
今日の晩飯は大阪
ホテルが本町のあたりだったので、前回訪問して好印象だった「泡系」のお店、さんへ再訪。

WADACHI

平日20:20到着。店内はほぼ満席でしたがちょうど席が空くタイミングで着席。
前回デフォのラーメンを食べたから、今回は煮干にしようと思ってたのですが。。あら、月替りの限定とかあるのね!なんでも、デフォのスープにを合わせて炊いたやつみたい。
数量限定ということですが、店員さんに聞いてみるとまだあるそうで。。。好きなんで、当然それ行くでしょうw

WADACHI

待つこと5分ほどで着丼。
ほぉ、見た目はほぼデフォと共通。白い泡が特徴的です。上にはチャーシュー、大葉、そしてカリカリ
白い泡の下は濃い目のベージュ色の白湯スープです。

WADACHI

さて、ではレンゲでスープを一口。
・・・あら?不思議。
もともとこちらの鶏白湯スープは甘口でまろやかなのが特徴だったので、そこに南高の甘味+酸味が加わると、それはどちらかというと甘味よりの酸味。ちょっと極端に言えば「スウィーツ」的な不思議な味わいに。

WADACHI

ただ、何口か飲み進めるうちに舌が慣れ、鶏の甘味がの酸味で引き立ち、これはこれで旨いですね。
ただ、デフォの鶏+柚子の方がラーメンらしい、っちゃらしいかな?大葉のさっぱり感もいい感じです。

WADACHI

麺はニュルッとした平打中細麺。
スープの上げは抜群だけど、ちょっとスープの個性に負け気味かな?もうちょっと主張のある麺の方が映えそうだけど、今度はケンカするかも?なかなか難しいところですね。

WADACHI

チャーシューは今や多くのお店で食べることができる低温調理の豚ロース。大ぶりのカットのものが2枚で、なかなかボリュームあります。
ただ、低温調理って肉にあまり味が入らないんですよね。。スープを邪魔しないと言えば聞こえはいいんだけど、スープも優しいので、全体的にピンぼけっぽくなっちゃうかな?
まぁでも、間違いないクオリティで旨いものです。
そして、刻んだカリカリの食感とパルス的酸味が、フワッとした雰囲気の中にいいアクセントを付加してくれます。

ということで、サクッと完食しごちそうさま。
うーん、全体的に柔らかい空気感で統一されており、もうちょっと味わいにシャープなポイントがあるともっと好みだったかな。
面白かったけど、これはデフォを食べ慣れた常連向けですね。
まずはここのレギュラーラインナップ全部食べないとだなぁ。。

--

ふく流らーめん 轍 本町本店


関連ランキング:ラーメン | 本町駅肥後橋駅阿波座駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2494-fe46079e

<< topページへこのページの先頭へ >>