中華そば(550円)@大阪市/新深江・中華そば 光洋軒

2016-11-17
大阪の(プチ)ご当地ラーメンとして食べておきたいのが「高井田式」。
今や東京にも「7.5Hz」が進出していますが、その始祖と言われるお店には行っておきたいところ。
前回来た時は「住吉」でいただいたので、今日は元祖と言われる「光洋軒」さん。

お店前にチャリを停め、休日17:05到着。前客0、後客1。

KOYOKEN

メニューを確認し、厨房のご主人へベーシックな「中華そば」を口頭オーダー。
#つか、チャーシューで250円増しなのはなんとか理解できるけど、大盛が250円増しなのは謎すぎるw
住吉同様、客席から厨房は見えません。、店内のテレビを見つつ、待つこと5分ほどで着丼です。

KOYOKEN

うんうん、いいねぇ!これぞ高井田式
色黒なんだけど濁りなく澄んだ醤油スープの中には太麺。
トッピングはチャーシュー、メンマに青ネギ。
以前食べた住吉に比べ、麺は若干細め、スープは若干色濃いめで油多め、という感じですね。

KOYOKEN

ではスープを一口。
・・・いやぁ、これ好きだわぁw
クリアな醤油スープはサラサラの口当たり。見た目通り、出汁感よりも遙かに先にガツンと醤油のストレートな味わいが口に広がります。
ベーススープはチャーシューの煮汁みたいな感じかなぁ?ガラ的な旨味は感じず、ひたすら醤油の風味が先行。
しかし、表面の油や、おそらくけっこうな化調で旨味を補強しており、不思議だけど旨味の層がちゃんとしてるんですよねw
卓上にカエシボトルがあったので一口もらって味見してみると。。キ醤油+ハイミーって感じかな?w
そしてこのスープ、黒胡椒じゃなく白胡椒が抜群に合いますね!

KOYOKEN

麺は高井田式特有の加水低め、ゴワゴワ、ポクポクとした太麺。結構食べごたえありますが麺量は少ないです。
このシャバいスープには一見合わなそうなんだけど、意外に合うんですよねぇ。

KOYOKEN

チャーシューはモモ煮豚の極薄スライスが数枚。パサパサですがこれもまた愛嬌。
メンマは既成品っぽい薄切りのもの。かなり甘く煮付けられたもので、なかなか存在感あります。
青ネギは、ほぼぶつ切りの住吉に比べ、こちらは薄切り。青ネギならではの甘味がいいですねぇ。

KOYOKEN

ということで、固形物完食、スープも半分ほど飲み干しごちそうさま。
うん、素朴なんだけど、圧倒的な個性、そして間違いない中毒性がある一杯でした。
お隣にある住吉よりこっちの方が好みかも?
この麺でつけ麺とかやってほしいけど、たぶん絶対やらなそうw

--

中華そば 光洋軒


関連ランキング:ラーメン | 布施駅新深江駅小路駅(大阪市営)


関連記事
コメント:
こんにちは。

本当に美味しそうですね。
以前住吉さんでは食べた事あるけど、光洋軒さんでは食べてないんですよね。
自分も今度大阪に行ったら食べに行って見たいと思います。
[2016/11/18 09:49] | ayashi #- | [edit]
>ayashiさん

こんばんは&コメありがとうございます!

個人的には住吉より光洋軒の方が、スープの感じが好みだったかも。
この時間、既に住吉は閉店してましたが、量はそんなに多くないから、両者を連食して食べ比べしてみるのも面白いかもしれません。

次回大阪方面へ行った時はぜひ!
[2016/11/22 22:36] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2493-c023153f

<< topページへこのページの先頭へ >>