塩らーめん(720円)@大阪市/谷町九丁目・らーめんStyle Junk Story

2016-11-14
大阪で朝一から打ち合わせがあり、しぶしぶ(ウソですw)前乗り!
今回はより柔軟に動くため、「HUBchari」というシェアサイクルサービスを使ってラ店巡りです。

ということで、一度行ってみたかったジャンクさんへ初訪問。
こちら、北摂の名店「きんせい」出身、いろんな催事にも積極的に参加されている、大阪でもかなりフットワークの軽いお店ですね。

鉄道じゃなくチャリで街を走ると、否応なく直面するのが地形の壁w
大阪って梅田や難波のあたりで遊んでる限りはまっ平らな埋立地って感じなんだけど、谷町大地の高低差すごいなぁwアシストのないチャリだとなかなかにヘヴィな坂を登ってお店へ。

休日15:55到着。こんな時間なのに店内は満席!
ちょうど食べ終わって出る客がいたので、入れ違いでカウンター席へ着席。

junk storyjunk story

ちなみに塩には「キラメキ」と「トキメキ」と「無印」があります。
白湯と清湯とか、スープのバリエーションなのかな?と勝手に想像してましたが、「キラメキ」はデフォ+鶏のたたき、「トキメキ」はキラメキ+レアチャーシュー、というトッピングの差みたいですね。
では、まずは基本となる「無印の塩」を口頭注文。麺は中盛まで無料だそうですが、せっかくの遠征、いろいろ食べたいので150gの並で(中は175g。一口か二口分多いって感じですね)。

junk story

待つこと5分ほどで着丼。
ほぉ、シンプルでキレイなルックス。

junk story

クリアな黄金スープの中には細麺が泳ぎ、その上にはチャーシュー、ネギ、カイワレ、海苔、ネギの上にはチョコンと赤い辛味が。
てか店内暗いですね。。。F1.8のレンズをしてもかなり感度を上げないと撮れませんorz

junk story

では、火傷するほど熱々のスープを一口。
・・・スープうまっ!シンプルですがコレは絶品ですね~。
構成的には、鶏清湯ベースに魚介、乾物をいい感じにブレンドし、非常に厚みのあるベーススープに。
ここにさらに旨みを重層的に重ねる塩ダレが加わり。。特に何が突出しているわけではないんだけど、全体の一体感は最高ですな。なんだろう、牛テールスープみたいな雰囲気もありますね。
うーむ、、塩ラーメンのスープとしては理想の仕上がり。むちゃくちゃ好みです!
この厚みと丸みは化調もちょい足ししてるように感じたけど、もし無化調ならすごいなぁ。

junk story

麺はニュルパツ系の平打中細麺。うわ、暗かったからかピン抜けたorz
やわらかな食感ですがこのスープにはよく合っていると思います。スープの引き上げも問題なし。

junk story

チャーシューは生姜が香る抜群に旨い肩ロース煮豚。厚めのカットで食べごたえもあり、脂身も甘くて旨いなぁ。。ただ、スープが熱すぎて熱が入りすぎ、反って固くなってしまうのは惜しいですね。これは早めに食べた方がいいかも。
写真撮り忘れましたが、スープの底にコリッとした食感の小さな肉が二切れほどありました。これは砂肝?いやスジ??
また、薬味はネギとカイワレという最低限の構成ですが、このスープと麺の前にはあまり他の要素を入れない方がいいのかも。

ということで、大阪に着く無いなやハイバランスな一杯を御見舞されたことに感動しつつ、完食完飲でごちそうさまでした。
大阪のラーメンと言えば必ず名前の上がるお店ですが、さすがのクオリティでしたね。
これは豪華トッピの「キラメキ」「トキメキ」も食べてみたいし、醤油やつけ麺も間違いないだろうなぁ。
再訪は確実です!

--

らーめんstyle JUNK STORY


関連ランキング:ラーメン | 谷町九丁目駅大阪上本町駅近鉄日本橋駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2492-68c78be1

<< topページへこのページの先頭へ >>