究極の塩だしそば(390円)@人形町・そば助 人形町店

2016-11-07
今日のおやつは人形町
先日テレビで中村橋之助一家にオススメされていたw路面店「そば助」さんへ初訪。

平日17:25到着。前客2、後客1。
店内は厨房を囲むL字カウンター。席あり。

SOBASUKE

食券機は外にあります。メニューはかなり豊富なんだけど、メニュー名から中身が想像できないなぁ。。。価格帯的には完全に高めのラーメン屋ですね。
ただ、よく見るとスタンダード路麺的なメニューもあり、基本っぽい「究極の塩だしそば」をポチ。

着席し食券を提出。
生麺都度茹でとのことで、数分後に着丼。

SOBASUKE

おぉぅ、すごいシンプルな面構え。。というか、盛り付けに愛を感じませんなぁ。
汁は「塩」を謳うだけあって醤油色ではなくクリア。薬味はネギとワカメ。

SOBASUKE

では、レンゲでお汁を一口。
なるほど、確かに塩スープですね。
ただ、キリッとした塩味というよりは、関西風出汁を出す路麺店の白出汁に雰囲気が似てるかな?
おそらく昆布中心の旨みなんだと思うけど、全体の一体感が強め、かつかなりケミカル感全開で、同時に相当甘めなのが特徴的。
あと、たぶんわかめの質が悪いんだと思うんだけど、お汁を飲む度に独特の磯臭さ(悪い意味で)が立ち上ってくるのが最後まで気になったかな。

SOBASUKE

蕎麦は十割、生麺都度茹で。
香りこそありませんが、しっかりした蕎麦の噛み心地(小麦粉っぽくないという意味)の麺ですね。
廉価十割独特の足の速さはあって、汁ものだと伸びるのが早いですね~(お店側もそれは認識しているようで、伸びないうちに秒殺で食え的なPOPがw)。

SOBASUKE

こちら、ラーメン屋並に卓上味変アイテムが豊富なのが面白いですね。
ラインナップは「にんにら(ニンニクとニラ)」「ごま唐辛子(唐辛子とゴマ油のペーストに白ゴマが入ってる)」「かつお塩(魚粉と塩)」とユニーク。

SOBASUKE

かつお塩はもりそば用で、蕎麦にこれをかけて食べてね的なものらしい。
このスープににんにらは合わなそうかな?と思い、まずはごま唐辛子を一匙投入。
・・・おぉ、これ合いますね!

SOBASUKE

普通の鰹+醤油ベースの蕎麦汁だったら絶対合わないだろう調味料だと思うんですが、出汁の素材感があまり前面に出ない汁なのと、強い甘さがこのゴマ油+唐辛子の中華/韓国風(?)な辛味とよく合います。これならお店のプッシュする「ラー油そば」も間違いなさそう。
ちなみにこの辛味、かなり辛めなので要注意。二匙入れたらヒーハー!な辛さになりました。

ということで、POPに従い秒殺で食べ終わりごちそうさまでした。
自分で「究極の」と言っちゃうお店はたいてい。。のジンクスに当てはまるかというとギリギリセーフな感じかな?w
高価格帯のメニューになかなか面白そうなのが多いのですが、C/P的にはきっと微妙だろうなぁ。。また気が向いたら来てみたいですね。

--

そば助 人形町店


関連ランキング:そば(蕎麦) | 人形町駅水天宮前駅浜町駅


関連記事
コメント:
こちらの味変グッズはナイスですよネ~。
稲荷町の本店にはゲソ天が存在するんですョ。
もうナイス!
[2016/11/10 19:19] | すぱかげ #- | [edit]
>すぱかげさん

ご無沙汰です&コメありがとうございます!

へぇ、全店同じメニューかと思ってましたが、路麺方面に寄せてるお店もあるんですね。
・・むしろ人形町店の方が異端なのかな?
ラーメン並の価格なんでちょっと躊躇しちゃいますが、ここの変わり種系の蕎麦はいろいろ試したいんですよね〜。

本店にも行ってみたいです!
[2016/11/12 17:09] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2489-a7e4c636

<< topページへこのページの先頭へ >>