【11/6まで】煮干スワロー(880円)@十条・煮干そば 流。

2016-11-04
今日のランチは十条で。
狙いは、「流。」さんの限定メニュー、燕三条系のやつ。
こちら、地雷源グループの「さいころ」の店長さんだった手塚さんが独立したお店。いわゆる鯉谷イズムの継承者ですな。
#デフォも食べてるんだけど、限定情報を先上げします

休日12:30到着。お店に向かっていると、前を歩いていた方がスッと先に入店しそこで満席にorz
限定の食券を買い、外の待ち椅子にて待機。後客続々で、待ち椅子に座りきれないほどの人数が。
待つこと10分ほどで席が空き着席。スタッフは手塚店主と女子スタッフ2名。
食券は先に出してあるので、まもなく着丼。

RU

ほぉ。。こりゃ間違いないやつでしょうw
アルミのトレイに載った小ぶりな丼にはスープがなみなみ。淡い色合いのスープの表面はビッチリと背脂と液体油。
具は「燕」風なんでタマネギ、バラ海苔、メンマが鎮座。チャーシューはゴロゴロ角煮サイズですね。

RU

ではスープを一口。
・・おっ、意外にやわらかな味わいですね。
エグみのない煮干スープに甘口のカエシを合わせてあり、優しく誰にでも好かれるようなバランス系ニボスープ。

RU

そこにたっぷりの背脂が加えられ、背脂のコクと甘味で全体の厚みが増しており、こりゃ旨い!
背脂はかなり細かい粒度でプルプル。臭みなく甘くていい感じ。スープを飲んだ後もずっと口に残る強い旨味も背脂効果なのかな?

RU

麺は自家製麺、角断面の極太麺。デフォは平打っぽい形状だったという記憶なので、専用麺なのかな?
プリッとした喉越しのいい高加水麺ですが、茹でる前にギュッと手揉みしているので、強い縮れやひっつき、ちぎれ等があり、ちょっとワイルドな雰囲気ですね。麺量は180g程度で必要十分。

RU

チャーシューはバラ煮豚を大ぶりなブロック状に切り出したものが3つ。
箸で持つとホロッと崩れる柔らかさと、バーナーで炙ったことによる香ばしさがいい感じ。
タマネギはみじん切り。辛味はきちんと抜かれており、シャクシャクの歯ざわりと心地よいほろ苦さがスープのコッテリ感をうまくリセットしてくれますね。
バラ海苔はそれほど香ばしさは強くないですが、やはり油+海苔の組み合わせは最高です。メンマはコリッと柔らかめでいい箸休め。

ということで、サクッと固形物完食。
スープと一体化した背脂とバラ海苔を掬っていたらいつのまにスープも半分ほど飲んでしまい、満足でごちそうさま。

うん、純粋に燕三条を目指すというよりは、変に肩肘張ることなく自然体で作り上げた「デフォにちょい足し」な燕系、なかなか気に入りました。
十条まではなかなか来ないので頻度は上げられないですが、ここは全メニュー制覇したいお店だなぁ。

--

流。


関連ランキング:ラーメン | 十条駅東十条駅


関連記事
コメント:
あ、今日までだorz
行こうかどうか迷ったんだよなあ・・・・。
仰るように、こちらの限定、基本+αのチョイ足し系、
ひとつの限定の在り方として好感が持てるんですよねー。
ここのつけ麺に先日やられてしまって、
隣駅だし、毎週でも食べたくなりました。
ああ、今日行けばよかったなあ。
[2016/11/06 20:52] | GT猫 #- | [edit]
>GT猫さん

こんばんは&コメありがとうございます!

つけ麺も以前食べましたが(ブログには未アップ)、旨いですよね〜。
濃厚なニボニボがもてはやされる時期は既に過ぎているとは言え、煮干のクセを前面に出すのがよしとされているラーメン業界で、あくまで自分のスタンスにこだわって、ブレずに優しい煮干スープを作り続けている姿勢は素晴らしいな、と。

で、こちら。
食べればよかったのに〜!w
間違いない旨さでしたよ。
・・ただ、こちらの「アブラ煮干」系と結構似てる感じはあって、違いは麺とトッピングくらいかも??
[2016/11/08 22:07] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2487-1be0f459

<< topページへこのページの先頭へ >>