レアローストビーフ丼 大盛(1030円)@高田馬場・the 肉丼の店だいにんぐ 高田馬場店

2016-11-02
今日の晩飯は高田馬場
あぁ、肉々しい丼が食いたい。。そう、馬場と言えば「レッドロック」があるじゃないか!
ということでお店前まで行くも案の定DGR。
・・・そういえば、この近くにもローストビーフ丼出すお店だったはずだなぁ。と検索→ありました、早稲田通り沿いの雑居ビル2Fに入ってるこちらのお店。

ということで、平日21:20到着。店内は半分ほどの入り。うち、食べてる客は1組(伏線)。
テーブル席へ着席し、ローストビーフ丼を大盛でお願いします。

ここからが長かった。
ローストビーフは既に仕上がってるだろうしご飯に載せるだけだから、吉野家並とは言わないけどすぐに着丼するかと思いきや。。21:55着丼。(他の客も注文はほぼローストビーフ丼一種)
うちらの後に来たリーマン風のおじさんは、あまりに注文が来ないので怒って帰っちゃいました。あ、スープは飲んだのにお代払わないんですねwつか俺も一人だったらキレて帰ってるな。。。

閑話休題。
まぁ、そんだけ待っただけあり、着丼時の感動はひとしおですわw

at Den

こんもりご飯の表面にきれいに巻かれた超薄切りのローストビーフの山。
頂上には卵黄とカイワレ。麓にはレタス、ホースラディッシュ。大盛ですが量はかなり少なめですね。

at Den

つか、逆にこれを作るのにどうやったら30分かかるのか教えてほしいわ。。。
#注文の度にローストビーフを生肉から仕込んでいると解釈するとよいでしょうw

at Den

では早速一口。
うん、わかりやすいうまさ、って感じかな。
ローストビーフはレアレアでトロトロ食感がいいんだけど、タレの個性が強すぎて全然牛の旨味・甘みが感じられないのが残念(当然これだけ濃い味付けだったら臭みも感じないでしょう)。

at Den

で、そのタレはざっくり言うと「焼肉のタレ甘口」ですな。
ケミカル全開なニンニク&コチュジャン風味で、すた丼とかが好きな男子学生にはウケるだろうけど、「ちょっと高級な大人の丼的な味わい(笑)」を期待するとかなり期待はずれかな。
まぁ嫌いではないですが、今ここで求めている味わいではなかったということです。

ホースラディッシュはシャバシャバで味薄め。タレが甘くて飽きるので、もうちょっとほしかったかな。
レタスは小さなのが2枚のみ。まぁ今葉物高いですからね。卵黄は当然ながらいいコクアップアイテムです。

at Den

ちなみに、大盛は肉の量は変わらずご飯が増えるだけのようで、肉とご飯のバランスが悪いですね~。
山の芯の方はただの白飯なので、焼き肉のタレ風味で食べていくことになります。ま、ご飯食いには余裕だけどなw

at Den

ということで、これだけ待つんだったらレッドロックに並んどきゃよかった、と思いつつ完食でごちそうさま。
味付けも正直子供だまし感あるし、まぁ、立地が学生街だからしょうがないかな?再訪はないです。

--

the肉丼の店だいにんぐ 高田馬場店


関連ランキング:ステーキ | 高田馬場駅西早稲田駅学習院下駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2485-0d04b9e3

<< topページへこのページの先頭へ >>