グラコロ丼セット(650円)@四ツ谷・箱根そば 四谷店

2016-10-26
今日のランチは四ツ谷あたりで。
気分的には路麺だけど、なんとなく政吉って気分じゃない。となると変化球で「つぼみ家」さんあたりでいこうか、と新宿通りをテクテク。
あ。。通りの反対側に「箱根そば」発見。結構攻めてるので有名な箱そばの限定ですが、今は何やってるのかな?と横断歩道を渡りチェック。

HAKONE SOBA

これ食うでしょ!
グラコロはマクドの専売特許じゃないでしょ!w
#ちなみに現在の季節メニューとしては、ジャンボ鶏竜田揚げが乗ってるやつもあるそうなんですが、四谷店(旧天そや系)にはありませんでした

平日13:55到着。店内は常に2/3ほどの客入りをキープ。
さて券売機を確認。
グラコロ丼は単品でも発売しており、価格は330円。気分的にはかけでよかったので、かけ290円を足すと620円か。
・・・ん?「グラコロ丼セット」にすれば、それにプラス30円でかき揚げが載るマジック!
となれば、常識的に考えてセットにするでしょうw
食券を厨房へ提出。この際そばorうどん、温or冷をコールします。温そばで。

HAKONE SOBA

席を確保し待つこと数分で呼び出しがありセルフ着丼。
ほぉ。。。グラコロ丼、なかなかキてますねw
カツ丼のカツの代わりにグラタンコロッケを載せ(閉じてはいない)、上からデミグラソースをかけたものになります。

HAKONE SOBA

では、まずは伸びないうちにそばから。
お汁はすっきり系ですが甘味が結構強めですね。その奥にフワッと鰹が香ります。

HAKONE SOBA

そばは、フニャッと柔らかで細め。香りはありません。

HAKONE SOBA

かき揚げはタマネギ、ニンジン、春菊。最初からしっとり系で、汁を吸うとゆるやかに崩れゆく感じ。

HAKONE SOBA

直径は小さめですが厚みがそこそこあり、まぁ悪くない。
ワカメ、ネギは少々。


さてグラコロ丼。
前述の通り、カツ丼のカツの代わりにグラタンコロッケを採用したやつです。
従って、ベースの味付けは醤油ベースの割り下で、そこにデミの風味が交じり合うという独特のブレンドw

HAKONE SOBA

グラコロはさすがに揚げたてではなく揚げ置きでぬるい感じ。
デミソースは、おそらく冷蔵庫から出したばかりだったようでめっちゃ冷たかったのが残念。
コロッケ内部はトロトロのベシャメルで、赤い点々がカニなんですね。
また、マカロニの破片みたいな小さい固形物も入っていたかな?
人為的なとろみはあまり感じず、ベシャメルの味わいはしっかりあってなかなか。

HAKONE SOBA

ただ。。醤油割り下の玉子とじ状態になるとちょっと微妙かなぁ?
普通にご飯に千切りキャベツとかを敷いて、コロッケを載せてくれたらいいんだけど、箱そばじゃキャベツは仕入れてないか。。
あと、ベシャメルが甘めなので白飯と合うか?というとちと微妙かw個人的にはデミソースよりキレのある中濃ソースの方がご飯が進む感じがします。
ご飯の量は少なめ。汁ダク気味なので箸だと非常に食べにくく、途中でスプーンにスイッチしつつ、サクッといただき満腹でごちそうさま。

それにしても、箱そばの丼物セットは(ちと高いけど)かきあげそばなのがいいですよね。
今回も見事に「揚げ物on炭水化物」☓2というカロリー過多な組み合わせで、なかなかお腹も満足でした。

丼物としての完成度は。。うーん、前回の厚切りハムカツ丼の方が好みだったかな?
グラコロ単品は美味しいので、もうちょっとヒネリがあったらもっとハネたかも。

--

箱根そば 四谷店


関連ランキング:そば(蕎麦) | 四ツ谷駅四谷三丁目駅曙橋駅


関連記事
コメント:
あ、グラコロとかクリームコロッケとかに目がなくて、
思わず寄っちゃいましたが、ちょっとアレみたいですね。
また参りますw
熱々トロトロ万歳!
[2016/10/27 01:15] | GT猫 #- | [edit]
>GT猫さん

こんばんは&コメありがとうございます!

いやいや、ネタとしては大アリで、箱そばバンザイ!って感じですよ?w

このメニュー、おそらくお店のオペレーションの質がモロに出るんじゃないかなぁと思っていて、
揚げたてコンディションのグラコロ、そこにデミと組み合わせることを前提とした味付けの卵とじが加われば、たぶんめっちゃハネるんだろうなぁ、と。

物は試し!機会あったらチャレンジしてみては?
[2016/10/28 23:09] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2481-a2c68849

<< topページへこのページの先頭へ >>