タンメンチャーハンセット(850円)+餃子(250円)@千葉中央・タンメン胖

2016-10-23
今日の晩飯は千葉で。
旨いと評判の「海月」さんに行ってみると。。おおぅ、本日休業。
ではこの近くで旨そうな麺が食えるところはっ、と検索。
ほぉ、タンメン専門店的なお店がありますね。かなり期待できそう。

ということで、シャッターで突撃w
休日17:55到着。まだシャッターは開いておらず、10分ほど待ったところでようやく開店です。後客続々。

カウンター席へ陣取り、お店の屋号にもなってる「タンメン」をお願いしましょう。
でも今日は一日中走り回って腹減ってるからなぁ。。チャーハンとのセット、あと餃子も!!

BAN

厨房は若い男女ペアのオペレーション。鍋を振るのは男性、女性は餃子包みやサイドメニューの盛り付け担当ですね。
待つこと10分ほど、見事な中華鍋ワークの末、まずはもうもうと湯気が立ち昇るタンメンが着丼。
ほぉ。。。丼デカッ!かなりたっぷりの量。これ食えるかな。。。?

BAN

野菜とにかくたっぷり!
丼も大きくスープもたくさん。

BAN

半透明の白濁スープの上には野菜が山盛り。白菜キャベツ、ニンジン小松菜モヤシキクラゲ。。
どれも絶妙な火の入れ方で、シャキシャキで旨いです。

BAN

スープは火傷するほどアツアツで、野菜の旨味、甘味を主体とした王道タイプ!
化調感はそれほどなく、シンプルな塩主体の味わい。でもこれが最後まで飽きさせないんですね~。

BAN

麺は中細角断面ストレート。千葉製麺の麺箱あり。
一般的な中華屋のタンメンよりやや太めなので食べごたえありますが、麺量は140g程度で少ないですね。また、加水は低めなので徐々にゆるくなってきます。
野菜たっぷりのメニューって、無意識に天地返ししちゃいますよねw

BAN

タンメンから遅れて到着したチャーハンは、半チャーハンというよりはちょっと多く、200g弱くらいはあるかな?

BAN

強火での調理なのでちょい焦げた部分が香ばしく、シンプルに塩胡椒がビシッと効いた味わいはなかなかいい感じ。
なんかこう綺麗なドーム形だと、断面図を撮りたくなりますw

BAN

食感はパラパラよりちょいオイリー。
具はチャーシュー、ナルトにネギ、玉子と王道の陣容。

BAN

餃子はスリムな形状のものが6つ。

BAN

皮は薄めでカリッと焼けており、餡はキャベツ中心でちょい水っぽい甘口のもの。
ただ、餡におろしニンニクが結構入っていて、意外にパンチあるのがいい感じ。

BAN

これが250円とはバカ安ですね!

案の定途中で腹が一杯になってきましたが、卓上の「鶏油辛味」という辛味油を使ってみましょう。
おっ!これ旨いですね!

BAN

ラー油はゴマ油だけど、これは鶏油で唐辛子を熱したものですね。ラー油より旨味と鶏の香りが強いので、シンプルだったタンメンスープがグッと厚みのある味わいに。
しかも結構辛いなぁ。。ドバッと入れて味変。汗だくになって完食、大満足でごちそうさま。

ということで、この値段でこの満足感、本物ですね!
いやぁ、旨かった。近くに来たらまた寄りたいです。

--

タンメン胖


関連ランキング:ラーメン | 千葉中央駅葭川公園駅京成千葉駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2479-e12c0f32

<< topページへこのページの先頭へ >>