汁・RED(830円)+極小ライス(50円)@新馬場・丸直

2016-10-18
今日のランチはご近所で。
では、久々に丸直さんでも行ってみましょうか。

平日12:45到着。前客3、後客2。
ほぉ、今日のゲリラーは赤いやつ。ではそれで。
#この当時はまだ「ゲリラー」をWeb告知していたのですが、最近は店頭告知のみになった模様

カウンターへ着席し大将と女将さんへご挨拶。
待つこと5分ほどで着丼です。

MARUNAO

ほぉ。。ほんとにREDだ!
なんとなく勝タンを彷彿とさせるような赤いスープ。
上にはチャーシュー2種と水菜、青ネギ、メンマ、刻みタマネギ。

MARUNAO

ではスープを一口。
っと、レンゲを入れてみると、このスープ全部赤いんですね。
というのは、辛い系のメニューって、赤い油が浮いていても下のスープは普通の清湯だったり白湯だったりすることもあるけど、このスープは全部この色なんです(辣油は浮いてる)。
一口目はビリッと辛さが来るけど、以降は旨味を強く感じるので意外に辛さは控えめ。冷めてくると表面に鶏油がペカッと膜を張ります。
なるほど、これは麻辣醤を鶏白湯に溶いたような感じの構成かな?
鶏の旨味と唐辛子系の辛さ、そして花椒の香りが特徴的。なかなかバランス取れてて美味しいですよ。

MARUNAO

麺は菅野製麺製、中太平打ストレート。
コシが強く、ムチッととした家系っぽい麺です。この手のスープとの相性は抜群ですな。

MARUNAO

チャーシューは大判の鶏と豚が1枚ずつ。
鶏は低温調理でムチムチ。豚はミッチリした煮豚を炙ってあり香ばしさがあります。

MARUNAO

玉ねぎはシャキシャキで、水菜と共にこのぽってりしたスープのいい清涼剤。
メンマはショリポキの細切りタケノコタイプ。

結構いい感じに辛旨なスープなので、白飯が欲しくなりますね。
では、現金で「極小ライス」お願いします。

MARUNAO

50円という価格設定の通り、小さなお茶碗にご飯の量は2〜3口分。キューちゃん漬が付いてくるのがニクイですなw
うーん、これはちと少ないな。ケチらず100円で小ライスにすべきだったか。。ゆで太郎に習って「姫ごはん」とかのネーミングがいいかもw

MARUNAO

ともあれ、残ったスープで辛い雑炊を作りズズッと食べきりごちそうさまでした。

うん、担々麺シリーズともまた違ったアレンジで、これは冬季レギュラーにしてもいいくらいの完成度だったと思います。
卓上の麻辣醤や花椒で自分好みのカラシビ具合に調整して食べればさらに幸せになれそうです。

--

丸直


関連ランキング:ラーメン | 新馬場駅青物横丁駅北品川駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2473-ad34114e

<< topページへこのページの先頭へ >>