排骨担々麺・5辛(1050円)+半ライス(50円)@小川町・かつぎや

2016-10-04
今日のランチは神保町あたり。
腹も減っていたので、ガツンと重たいやつ、あと辛いのが食いたい気分。
辛くてボリューミィなやつ。。パイコーですなw

ということで、久々にかつぎやさん。
赤坂希須林出身ということで、あのクオリティの担々麺を本店よりちょい割安にいただくことができ、かつ混まないので、本店より利用させてもらってる次第w

平日14:00到着。前客1、後客0。
さて、今日はパパ豪華にパイコーにライス付けちゃうぞー!
ということで、券売機にて排骨担々麺の辛さ最上級「5辛」をポチ。当然排骨はオンザライスでしょう、と半ライスもポチ。

カウンター席へ着席し食券を提出。
排骨は注文が入ってから揚げ始め、揚げ上がりの時間に合わせ担々麺が作られます。
待つこと6分ほどで着丼。排骨は別皿。

KATSUGIYA

うは、さすがに5辛はなかなかに赤いですね。
スープ表面には真っ赤なラー油。さらに野菜の上にもどっさりと唐辛子と白ゴマ。野菜の麓には半玉子。

KATSUGIYA

ではスープから一口。
構成としては、ミルキーで濃厚な胡麻スープに辣油と花椒を効かせた王道タイプ。

KATSUGIYA

辛さと痺れはとてもいいバランスだけど、個人的にはちとしょっぱすぎるかな?ライスをチェイサーにしないと結構きついレベル。
辛さは咽るほどではなく、辛いのが好きな人なら余裕で食べられる感じ。ただやっぱ汗ダクダクになりますけどねw

KATSUGIYA

麺はムチプリの中細縮れ麺。本家希須林よりも太い気がします。
その縮れでしっかりピリ辛スープを上げてきます。
麺量は130g程度かな?少なめに感じました。

野菜は都度炒めたもので、モヤシ、ニラ、キクラゲ。
シャキッとした食感がいい感じで、辛さの緩衝材としても機能。

KATSUGIYA

排骨は言わずと知れた豚バラの唐揚げ。
サクサク熱々で、カレー風味の衣がいい感じ。
バラなんで脂身もしっかりあり、食べごたえありまくりですw

KATSUGIYA

こりゃもう、スープに浸けてよし、ご飯に載せてもよしの万能おかずですね!
これで+200円なら断然付けるべきでしょう。

KATSUGIYA

ラストは、担々肉味噌をライスに載せてからのー、排骨丼!
うん、いろんな組み合わせができるので最後まで飽きないですね~。
お腹いっぱい、汗ビチョビチョになってごちそうさまでした。

KATSUGIYA

いつ行っても安心して食べられる安定品質の排骨担々でしたね。
今後もちょくちょく使わせてもらいます。
いつか夜のちょい飲みにも使ってみたいものです。

--

かつぎや


関連ランキング:担々麺 | 小川町駅淡路町駅新御茶ノ水駅



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2465-ea9921a4

<< topページへこのページの先頭へ >>