喜多方らーめん(煮干)大盛(820円)@八丁堀・麺や 七彩

2016-09-11
今日のランチは八丁堀
東京駅ラーストを出て八丁堀に新店舗を構えた七彩さん(まぁ、本店は相変わらず都立家政なんだけど)に初訪問。
こちら、もうさんざん話題になってますが、注文を受けてから麺を打つ、というそのパフォーマンスが特徴なんですよね。

平日14:40到着。店内は半分ほどの入りでしたが後客続々→店内待ちが発生。
いいタイミングで入れたようです。

SHICHISAI

メニューは「喜多方らーめん」の「醤油」と「煮干」の2本柱。
では今日は煮干、行ってみましょう。食券を渡すタイミングで「並、中、大が同料金ですが?」とのヒアリング。
おぉ、さすが自家製麺!麺に関しては太っ腹ですね。
麺量を聞くと、並150g、中盛200g、大盛250gとのこと。それなら当然大盛ですな。

カウンター席へ着席し、厨房をガン見。
製麺担当の職人さんが、粉を測り、水回しからこね始め、麺棒で伸ばして切って。。。あっという間に麺が完成!このパフォーマンスは見てて楽しいですね~。
麺はすぐに茹で上がり、並行して用意されていたスープに投入→着席後10分ほどで着丼です。

SHICHISAI

スープは「煮干」ということで、濃い醤油色のスープの表面には煮干し粉がギラリと光る煮干油。
その上にはチャーシュー2種、ネギ、メンマ。

SHICHISAI

ではスープを一口。
まずは醤油ダレがキリリと主張。ラードと思われる油もしっかり口当たりを補強し、そこからグワッと煮干フレイバーが広がります。

SHICHISAI

構成としては、動物ベースに煮干をガツンと効かせたもの。煮干しの雑味、酸味をいい個性付けとして使っている感じです。
なんとなく、浅草「つし馬」っぽい雰囲気のスープですね。

SHICHISAI

さて、注目の麺を啜ってみましょうか。
形状は、揉んで縮れを付けられた中太平打麺。
啜り具合は、佐野の薄めの麺みたいなフルフル、ピロピロとした食感。
噛みしめると、フワリと柔らかめの当たりで、非常に優しく柔らかい食感。モチモチというほどの弾力はないです。
やはり製麺機で麺帯を重ねて圧縮したりしていない&熟成もさせてないし、手打ちうどんのように足で踏んだりもしてないので、コシや硬さみたいなものはあまりないんですね。
また、すごい小麦粉の香りが!という感じでもなく、後半じんわりと麺味を感じるようになるかな?
にしても、さっきまで粉だったやつが麺になってる、ってのはかなり面白いですね。

SHICHISAI

チャーシューは、スパイスを感じるレア系のローストポーク風のものと、ネットリしたロース煮豚。どちらも文句なしのクオリティ。
メンマは筍ですかね。ポリポリの食感がいいアクセント。白ネギのさっぱり感も煮干スープによく似合います。

麺量250ということで、しっかり「麺を食べた」感あるなぁ。満足でごちそうさまでした。

うん、こういうフレッシュな麺を食べる機会ってほとんどないので、これはこれでいい体験になりました。
また、麺をその場で打とうが製麺所で買ってこようか、ラーメンとしてのまとまりがなければ意味がないわけですが、一杯の煮干ラーメンとしてしっかりまとまっていたのも魅力かな。そこらへんはさすがベテラン、といったところ。
再訪は確実。今度は喜多方(醤油)で行ってみよう。

--

麺や 七彩 八丁堀店


関連ランキング:ラーメン | 八丁堀駅宝町駅茅場町駅


関連記事
コメント:
ブハハーッ!
今日の写真は一段と迫力ありますなー!
被写体がパワフルなんでしょうな、美味さ、伝わってクルー!
こちら、ああ、蕨あたりでチマチマやってた頃が懐かしい、
すごい出世。
「打ち立て麺」というものを、「熟成度」を理由に否定する向きもあるけど、
やっぱ、打ち立てならではの美味さがある!ということを認識させてくれますねー。
醤油もいいけど、やはり煮干しのスープの方が、
打ち立て度を堪能させてくれるような気がするんですけど、
そこいらは、タムさんの次報を待って(?)
よさそうな方をいただきにまいりましょうか(それでいいのか・・・?)。
[2016/09/12 11:35] | GT猫 #- | [edit]
タム6000さん こんにちは!
ピロピロの平打麺、イイですね~ 個人的は、こういうの大好きなんです!
また、チャーシューも2種類あっていいですね! どっちもうまそうです。
なかなか八丁堀に行く機会はありませんが、食べてみたいです!
[2016/09/12 15:51] | ヨコベー #- | [edit]
去年末にお邪魔しましたが
いいですねぇ~
つけ麺視野に再訪したいです!
[2016/09/13 17:50] | Y #- | [edit]
>GT猫さん

こんばんは&コメありがとうございます!

そうなんです、やっぱ熟成させた時のコシってのも大事だと思います。
ただ、この若い麺も、これはこれで魅力ありますね〜。
あとはやっぱ、製麺の工程を目の前で見せつける、パフォーマンスとしてのすごさ。この戦略は商売人としてもすごいな、と。
リクエストに従いw、次回は普通の醤油で試してみます。
思ったほど麺のパワフルさはないので、意外にストレート醤油の方がバランスはいいかも?

--

>ヨコベーさん

こんばんは&コメありがとうございます!

いやぁ、これ旨いですよ。
しかも、目の前で粉から麺ができあがっていく様がすごい見てて楽しいです。
お子さんとかも喜ぶんじゃないかなぁ?

ぜひぜひご家族で行ってみてください!

--

>Yさん

こんばんは&コメありがとうございます!

これいいっすね!
熟成麺のよさもありますが、こういうフレッシュな麺もまた美味しかったです。

つけ麺は手打ちじゃなくて製麺機による製麺ということで、どんな感じなのか食べ比べてみるのも楽しそうですね。
暑いうちにつけ麺も食べておきたいなぁ。。
[2016/09/16 23:52] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2446-3c076821

<< topページへこのページの先頭へ >>