チャーハン(770円)@神楽坂・龍朋

2016-08-20
今日のランチは神楽坂
チャーハンの旨い店があると聞き訪問するのは「龍朋」さん。

平日13:15到着。
店頭の黄色いテントには「The Lahmen」の文字。ラーメンって「ramen」と書く人が多い印象ですが、実は発音的にLで始まる方が正しいのか??w

RYUHOU

店内はテーブル席のみで、ほぼ満席!
ちょうど1席空いたところだったので、お姉さんに導かれスッと着席。テーブル席のみなので相席上等です。
ちなみにタバコはOKっぽいですが店員さんに言わないと灰皿は出してもらえないようで、吸っているお客さんはいませんね。ホッ。
出てくるお茶は熱々のジャスミンティー。
さて、チャーハンを口頭オーダー。ちなみにチャーハン率は半分ほどかな?ラーメンも結構旨そうです。

注文を受けてから、カンカンと鍋を振る音が響きます。2~3分で、路麺並のスピードで着丼。

RYUHOU

ネギの姿はなく、玉子とチャーシューというシンプルな構成。またパラパラ系ではなく、かなりしっとり(べっちゃりとまではいかない)系なのがわかりますね。
また、付属スープが白湯なのは珍しいかも?

RYUHOU

では早速一口。
味付けは、塩コショウは最低限で、おそらくラーメンカエシ的な醤油ダレが主。

RYUHOU

全体的には薄味ですね。卓上の白コショウを少々かけるとアクセントが付いていい感じ。
見た目同様オイリーさはそこそこありますが、気になるほどではありません。化調感は控えめかな。

RYUHOU

具は玉子とチャーシュー。
どちらもたっぷり入っており、特にチャーシューは、大きめの端切れもゴロゴロ入っておりかなり肉々しいですな。

ボリュームは結構ありますね~。おそらく400g弱くらいかな?
ご飯茶碗2杯分以上はある感じで、並でも十分腹に貯まりますね。

RYUHOU

スープは、いわゆる「チャーハンのおまけスープ」的な醤油スープではなく、明るめの茶濁スープ。
表面には薄い油の膜がカピッと。味わいは。。おぉ、この手のお店にしては珍しい動物魚介スープですね。
ちょいクサな豚スープに、おそらく節で深みを付けた感じ。ちょっと火入れすぎて節の酸味が出ちゃってる感はあるけど、これはちょっとうれしいかも。トロンとした口当たりもいいですね。
これがベーススープなら、ここはラーメン系もそこそこイケるんじゃないかな?

ということで、サクッといただき満足でごちそうさま。
ボリューム、味どちらもなかなか素敵な感じで、ファンが多いのも頷ける味でしたね。
この手の「家庭チャーハンの延長」系の質感だと、やっぱり交通飯店@有楽町が一番好きかなぁ。
ただ、こちらはチャーシューのボリュームがあるのが素敵ですね(交通飯店はハムなのでw)。

次回は麺類を頂いてみたいと思います。再訪は確実。

--

龍朋


関連ランキング:中華料理 | 神楽坂駅牛込神楽坂駅江戸川橋駅


関連記事
コメント:
仕事がらこの辺りをうろついてるのでwwよく行きます。
チャーハンTOP3に入ってます。

最初に行ったのが20年前なんでこんなに人気になっているのが不思議w

麺類は、普通のラーメンがオススメです。
いわゆるチャーハン付属のスープベースです。

ちなみに、チャーハンと、かた焼そばがコチラの二大人気メニューです。
[2016/08/21 01:32] | 大豆 #- | [edit]
>大豆さん

こんばんは&コメありがとうございます!

おぉ、こちらTOP3に入りますか。
残りの2軒もぜひ教えてもらいたいところです!!

チャーハンも旨かったですが、付属のスープがいわゆる「チャーハン付属スープ」じゃないのに驚きました。
あのスープで作るラーメンはなかなかウマそうです。
涼しくなったら行ってみようかな?堅焼きも気になる!
[2016/08/23 22:43] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2427-a4d7d18a

<< topページへこのページの先頭へ >>