中華そば(850円)@和歌山市・山為食堂

2016-08-16
和歌山ラーメントンボ返りの旅。
井出商店の次は、和歌山城を見ながらテクテク歩いて「山為食堂」さん。
こちら、メインはうどん屋さんだそうなのですが、実はラーメンも出しているというお店。
相当濃厚なやつが食べられるということで、期待に胸を膨らませつつ訪問。

平日15:30到着。前客3、後客1。
さすがに平日、この中途半端な時間だとお客さんは少ないですね。
暑い中汗ダクダクになりながら歩いてきたので、エアコン全開の店内は快適すぎですw

YAMATAME SHOKUDO

メニューを見ると、先頭はうどんなんですね。でも、周りを見回すと皆さん食べているのはラーメンw
中華そばがうどんの倍以上する、なかなか刺激的な価格構成ですが・・・中華そばをお願いします。

YAMATAME SHOKUDO

待つこと5分ほどで着丼。
ほぉ。。。さっきの井出商店のとは全く違う、トロトロの乳化スープですね。
具はチャーシュー、かまぼこ、千代巻、ネギ。レイアウトが規則的でキレイなのが素敵。

YAMATAME SHOKUDO

こちらもレンゲはないので、丼を持ってスープをズズズ。
・・・うはっ、これはすごい!
トロントロンでペトペトの、ネットリ濃厚乳化スープ。
井出商店出身ということですが、修行元とは相当方向性が異なりますね。これも「井出系」って言うんだろうか?
甘口のカエシは旨味に対するバランスは控えめですが、井出よりは強め。
ベーススープは、臭みもありつつの豚骨フルボディ。このトロミは豚足やモミジ由来なのかな?さすがにベジポタではないか。。
とにかく圧倒的なコクで…このスープは旨いですね!脂も多めで口当たりは重めです。

YAMATAME SHOKUDO

麺は意外にも、うどんのような極太麺。
つけ麺にしても十分戦えそうな、麺味しっかり、ポクポクした食感の麺です。
短いので啜りやすいですし、この濃厚なスープと対等に渡り合ってる感じがいいですね。

YAMATAME SHOKUDO

チャーシューはバラ2,ロース1で、どちらもホロッホロ。箸で持つとほどけちゃう感じです。
味付けも味噌漬けのように濃く、これライスに乗せたら相当旨いでしょうね~。
練り物要員は、カマボコと千代巻(和歌山ラーメンでしか見られないものらしい)。両方共魚の白身の風味がしっかりしていて旨い。ネギは青ネギの清涼感が絶妙。

ということで、ド濃厚な一杯に大満足でごちそうさま。
価格的には東京のラーメン屋もびっくり、というデフォ価格ですが、これだけ唯一無二の味わいだと・・・払わざるを得ないですな。

ということで、性格が全く異なる2杯の和歌山ラーメンをいただき、和歌山市駅から南海電車でビューンと難波まで。
いやぁ、和歌山が意外に近いとわかっただけでも、今回来た意味がありましたね。
同じ和歌山ラーメンでも「車庫前系」と言われる、豚骨を酱油で炊くタイプのお店には行けなかったので、この街、再訪は確実!

以上で、今回の関西遠征はおしまい。
ラーメン10杯、うどん1杯という結果でした。
いやぁ、やっぱり知らない土地の食べ物を食べるのは最高に楽しいなぁ〜(๑´ڡ`๑)

--

山為食堂


関連ランキング:ラーメン | 和歌山市駅


関連記事
コメント:
ご無沙汰です。
夏を満喫なさっておられるようで、羨ましい限りw
和歌山ラーメン、どことなく親近感を感じるんですよねー。
醤油や豚骨の感じは違っても、根っこのところで岡山ラーメンと共通点があるようで。
師弟でチューニングが変わっているところが面白い。
こうして味の継承と進化が行われる過程を見られるようで。
こちらはメインがうどんですか、ますますねw
師匠のお店では、ああ、お寿司もやはりあるんですねー。
西台の戎が閉店しちゃって、
寿司のセットがある和歌山ラーメンの美味しいお店がなくなっちゃたんですよねー。
戸田のお店に期待してるんで、こんど行ってみようっと。
[2016/08/22 22:09] | GT猫 #- | [edit]
>GT猫さん

こんばんは&コメありがとうございます!

いやいや、今回は仕事ですってw
まぁ、その合間の時間を完璧に活用してますけどww

で、和歌山と岡山のご当地ラーメン。
東京に紹介されてる和歌山ラーメンはコッテリしたイメージが強いですが、実際井出で食べてみたら、岡山の地ラーメンとも通じるライト豚骨醤油でした。
「車庫前系」と呼ばれる系統はまた違うのかもしれませんが、西の豚骨醤油ってやはり似た雰囲気がありますね。

ただこちらの山為さんは。。。相当個性的でしたね!
このねっとりした口当たりは、他のお店では食べたことのない独特の食感で、味噌っぽさもあるような濃い味わいもかなり個性派で。。ベーシックな豚骨醤油のお店からこんな異端児が生まれるってのも面白い土地柄ですね〜。

和歌山、また行かなくては。。。w
[2016/08/23 22:38] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2422-337fce8d

<< topページへこのページの先頭へ >>