醤油(750円)+替え玉(100円)@大阪市/谷町4丁目・Ramen辻

2016-08-08
関西遠征、大阪での一杯目はホテルの近くのこちら。
なんでも、かの麺哲出身で最近オープンしたばかりという、これから来そうなお店だそうで。

平日21:30到着。前客1、後客2。
つか、ラーメン屋らしからぬ上品系な佇まいですねぇ。店頭の雰囲気はあの名店「蔦」を彷彿とさせるモダンジャパニーズと
いった感じ。
店内は白基調の和風なインテリアで超清潔。客席はカウンターのみ。厨房には普通の寸胴ではなく圧力鍋が2つ。

TSUJI

メニューは「塩」が準備中で、醤油と肉醤油のみだそう。
では、醤油を口頭オーダーです。
厨房での所作をガン見していると。。ほぉ、スープは最近流行りのブレンダーで泡立てるタイプなんですね。

TSUJI

待つこと5分ほどで着丼。
ほぉ、いわゆる「泡系」な雰囲気ですが、スープがシャバいので泡の量は控えめですね。
その上には、たっぷりのネギ、チャーシュー、つくね的なもの。

TSUJI

ではスープを一口。
おっ、こう来ましたか。
豚鶏をしっかり圧をかけて炊いたと思われる、マットな質感の粘度低めの白湯スープ。豚の髄(?)的な香りも感じられます。
醤油ダレが力強く主張し、僅かに節の薫香も感じられ、他の泡系のお店に比べ男っぽくシャープな印象かな。

TSUJI

脂っぽさは強くはなく、飲み口すっきり。塩梅は強めに感じました。
一応表面は泡が覆っているんだけど、スープがサラサラなのでそれほどソフトな泡にはならない感じかな。

TSUJI

麺は博多麺的なエッジの立った細ストレート。棣鄂製だそう。
加水はそこまで低くはないかな、当たりはムッチリした感じです。
毛細管現象で豚の香り豊かなスープをしっかり引き上げてくるので、ズバッと勢い啜ると、やっぱりどことなく博多っぽい雰囲気が感じられるかも?

チャーシューは鶏と豚がなんと2枚ずつという豪華仕様。

TSUJI

豚はロース、低温煮豚のスライス。シットリミッチリした食感が抜群に旨いですね~。
鶏は胡椒を効かせた、こちらも低温調理。ムチムチの食感とハムのような風味がいい感じ。

TSUJI

うん、これ2枚ずつ入ってるってかなりうれしいかも。
また、軟骨入りの鶏つくね(と感じたんだけど、玉子焼に鶏肉や軟骨を入れて焼いたものらしい)も入っており、具材的には「特製」に近いかも。これでこの値段なら納得です。

TSUJI

ネギは青ネギ。シャキッとした食感と甘味がこのトロンと滑らかなスープに抜群に合います。
ちなみに相方は味玉を付けたのだけれど、流れ出さず、しかも固くない絶妙のネットリした黄身が抜群に旨かったです。

お腹ペコペコだったこともあり、あっという間に固形物完食。
メニューにあって気になっていた「替え玉」をお願いします。

TSUJI

まもなく小さな器に入って着丼した替え玉は、しっかり1玉(150gくらい?)分。カエシをかけた状態で提供されます。
なんとなく関東の「和え玉」を連想させる雰囲気ですが…麺同士が激しくひっつくので、このまま混ぜて食べるにはちとムリがあるかな?何らかの香味油で和えてみたりしたら化けそうです。

TSUJI

また、驚いたことに丼の底には鶏&豚チャーシューの端切れがたっぷり!
こういう隠しアイテムもうれしいですが、素直に麺の上に載せてあった方が最初に「オッ!」ってなるかもねw

TSUJI

残ったスープに替え玉を入れ、お腹いっぱい、満足でごちそうさまでした。

TSUJI

うん、流行りの泡系をキレのある硬派なスープで仕上げた、という印象の良品でした。
非常にバランスのよい一杯に仕上がっているので、これから客も増えて行きそうですねぇ。
このスープの塩味ってのも気になるし、再訪は確実。

--

Ramen 辻


関連ランキング:ラーメン | 谷町四丁目駅天満橋駅谷町六丁目駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2413-1bea95f1

<< topページへこのページの先頭へ >>