ラーメン しょうゆ(750円)@京都市/松尾大社・大輝

2016-08-07
久々に京都~大阪遠征。となれば食べるのは当然ラ!

一杯目は、お目当ての神社仏閣のほど近くにあった、古典的京都ローカルな一杯が食べられる「大輝」さん。
平日12:10到着。ランチタイムど真ん中なので店内は満席、店内待ち2。

店外には僅かな豚臭さが漏れています。
クソ暑い中、駅から汗だくで歩いてきたので若干食欲減退気味だったのですが、この香りを嗅ぐと一気に食欲旺盛にw
数分で席が空き着席。オーダーはシンプルに「しょうゆ」で。

DAIKI

店内は厨房を囲むL字カウンターのみ。
厨房はピカピカ、店員さんは、家系を思わせる全身白づくし。
ローカル麺屋にありがちが場末な雰囲気は全くなく、パリッと緊張感のある雰囲気がいいですね〜。
オペレーションは若い男性2+女性1。

待つこと5分ほどで着丼。
先に着丼した一杯を相方に回そうとしたところ、「そちら、男性向けで味濃いめにしてますので!」と店員さんが一言。
へぇ~、そんな細やかな気配りをしてくれてるんですね!

DAIKI

見た目的にはほとんどわかりませんが、これが男性向けの一杯ですw
薄めの色合いの醤油スープは僅かに濁り、表面には細かい脂が。
中には細麺。具はたっぷりチャーシューと青ネギと細モヤシ、と非常にシンプル。

DAIKI

ではスープを一口。
うん、いいですね~。
まろやかな油+シャバ系清湯豚骨の、いかにも京都ローカルな感じの素朴なスープ。「第一旭」が好きな人だったら間違いなく好きなやつでしょう(第一旭よりこってり感が若干強めかな?)。
スープから漂う豚臭さはほとんどありませんがコクはしっかり。醤油のキレもいい感じです。塩梅は男性仕様でちょうどいいかな。

DAIKI

麺は細ストレート。ニュルッとした食感で、スープをよく引き上げてきます。
常連さんっぽい方は「メンカタ」コールしてますが、この軟さも十分魅力的です。

DAIKI

チャーシューはロース系煮豚スライス。臭みなし、端豚もあって量もたっぷり。薄切りなので、脂がスープに移りやすく、さらに旨味が増してきます。
また、このキレのあるスープにパキッとした細モヤシが実に合う!
そして西のラーメンらしく、甘いザクザクした九条ネギがいいアクセントになってくれますね。

ということで、サクッといただきごちそうさま。「おおきに!」の声を背に受けつつお店を後に。
うん、関西一発目にふさわしい、「らしい」京都ラーメンでしたね。
また、このお店の雰囲気も好きだなぁ。。後客も続々で、地元に愛されてる感をビシビシ感じられる良店でした。

--

大輝


関連ランキング:ラーメン | 松尾大社駅



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2412-12d04fa5

<< topページへこのページの先頭へ >>