アジ煮干し中華そば(750円)@中目黒・中華そば梟

2016-08-04
今日の晩飯は目黒。
づゅるの限定を狙っていたのですが、うーむ、夜は結構早めになくなっちゃうんですよね。。
ならばデフォつけを食えと言われそうですが、実はこの前食べたばかりなのよねw
維新は休業中だし・・・今日は久々に「むら田」さんの中華そばでも食べよう!と権之助坂を下ります。

平日20:10到着。前客5、後客2。
店頭のPOPを見ると。。今日は「中華そば」という屋号で営業しているようです。
・・・あ、そういえばお店のFBで、店主さんの夏休みの間、スタッフの方が間借り営業でオリジナルな一杯を振る舞うと書いてあったっけ。それが今日なのね!

FUKURO

」としては4日間の営業で、今日が最終日だったようで、これはラッキー!
しかも、最終日のみ「限定ラーメンあります」とのPOP。

FUKURO

では店内で食券を購入。
「鯵煮干そば」か、最終日限定「ご飯がススム四国のご当地ラーメン(生たまご付き)」というラインナップ。後者は明らかに徳島ラーメンですな。
うーん、なんとなく清湯な気分だったので、デフォの「鯵煮干」をポチ。

FUKURO

食券を出し、5分ほど待ったところで着丼。
ほぉ。。。さすが、店主さんが間借り営業を許可するだけあって、ちゃんとしてますねw
クリアな醤油スープの表面にはちと厚めの液体油層。その中には細麺が泳ぎます。
トッピングはチャーシュー、お麩、ネギ、ミョウガ。

FUKURO

ではスープを一口。。って、熱ッ!!
火傷するレベルの熱々スープは、一口目は煮干特有の生臭さがフワリ。
ただ、数口目からそのクセは気にならなくなり、ベースの旨味と煮干の香り、素直な醤油ダレの相性を楽しめる感じ。
構成としては煮干出汁+煮干の風味を移した動物性の脂+カエシ、という感じかな?熱々なので味構成がわかりにくいですが、ベーススープに動物系の重さは感じないような気がします。
全体的には、「ニボニボ」とまではいかず誰にでも食べやすい、バランスのよい素直な煮干醤油スープといった雰囲気。
液体油の重みがあるのでラーメンスープとしての食べ応えもありますね。おそらく無化調でしょう。

FUKURO

麺は丸断面細ストレート。
表面はツルリと滑らか。加水は中程度で噛むとポクポクと切れる食感。麺味はそれほど強くないですね。
相性悪くはないですが、スープの拾いはイマイチかな?

FUKURO

チャーシューは豚と鶏で、両方共低温調理タイプ。
豚はロース、鶏はムネ。両方しっとりした仕上がりで、胡椒の風味が効いてて実に旨い!。これはチャーシュー麺を食べたいお客さんもいるんじゃないかなぁ。
お麩は、たまにラーメンで見るようになった具材ですね。小さな円筒形のものが2つ。スープを吸うとジュワッといい感じ。
また、薬味は最初ネギだけかと思っていたのですが、ふとした時に茗荷の香りも。ほぉ、ヒネってますねぇ。

ということで、サクッといただきごちそうさまでした。
客席はほぼジモティ(≠ラヲタ)でしたが、結構スープ完飲率高いのに驚き。シンプルでバランスが取れているので、結構ゴクゴク飲んじゃえる感じでしょうか。

うん、まだ荒削りな部分もありつつ、コレと言った強い引きもまだないけれど、今後が楽しみな一杯かも。
そのうち独立されるんでしょうか?その日に向けて、ブラッシュアップを積み重ねていったらなかなか旨いやつになりそうです。

--

中華そば むら田


関連ランキング:ラーメン | 中目黒駅目黒駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2411-70a5a0f3

<< topページへこのページの先頭へ >>