冷やし中華・中盛(940円)@代々木・麺恋処いそじ

2016-07-31
今日のランチは原宿あたり。
梅雨も開け、ジリジリと照りつける日差し。。。こんな日は、そう!いそじの冷やチューでしょう。
ajitoのサマソニ、千里眼の冷やしと並び、「毎年夏が来たら食べなきゃいけない東京三大冷やし」の一つ、いそじの冷やし。
前述の2店が冷やチューのベクトルレベルから新解釈したのとは異なり、いそじは、正規の冷やチューのベクトル上に豚魚和風アレンジ(?)を施した名作。さて今年はどんな感じなのかな?

平日14:15到着。いつもだとこの時間でも並びありですが。。。なんと店内2/3ほどの入り。
まもなく満席→店内待ちも発生したので、たまたまエアーポケットだったらしいですね。
当然、券売機で押すボタンは冷やし中華
食券を渡すタイミングで「並と中盛はどうされますか?」ここの麺は旨いですからね~、当然中盛で。
また、配膳前に「辛子は入れてもよろしいですか?」とヒアリング。こちらもお願いします。

しばし待ち着丼。
・・・そうそう、コレコレ!

ISOJI

キンキンに冷やされた太麺の上にはドロリとジェル状の冷やし豚魚ソース。
その上にはチャーシュー、メンマ、味玉、大葉、キュウリ、トマト、ヤングコーン、青菜、カイワレ、海苔。また端にはキューブ型の出汁氷。

ISOJI

では、麺を引き出しズズズ。
・・・うまぁ(*´﹃`*)
ツルツルと滑らかな麺肌、はちきれんばかりの弾力。そしてモグモグと噛みしめるとしっかりした麺の香り。相変わらずここの麺は旨いですね~。
そしてそこに絡む冷やし豚魚ソース。何で出しているのか未だにわかりませんが、ネットリと粘度が高く、そこにいわゆる豚魚の味わいがしっかりと。また、わずかな酸味で全体を引き締めています。
塩梅はかなり強めで、冷たさとバランスを取っていますね。

ISOJI

個人的にはもっと酸味が効いている冷やチューが好きなので、卓上のお酢を2回しほど入れるとちょうどいいさっぱり加減に。

そしてこの一杯は、美しいトッピングの存在感も素晴らしいですね。
特に存在感あるのは、キュウリやトマト等の生の夏野菜。キュウリは飾り包丁が入れられ、トマトも丁寧に湯剥き。これ仕込みにかなり手間かかるでしょうねぇ。大葉のさっぱり感も間違いないし、ヤングコーンの歯ごたえもいいアクセント。
全体を混ぜ込むと、どこからともなく春雨的なものが。春雨より細く固く。。あ、これ「海藻クリスタル」ってやつですかね?量が少ないのでそれほど存在感はありませんが、去年までこれあったかな?
青菜はホウレンソウの胡麻和え的なもの。醤油系のタレの味わいに、胡麻系冷やチューの雰囲気も加わります。

ISOJI

また、これらをマゼマゼしつつ食べても、出汁氷のおかげで味が薄まらず、かつ温度をキープしてくれるといったアイデアはさすが。
チャーシュー、味玉、海苔はラーメンと共通ですが、冷やしで食べても間違いない旨さですね。

しっかりしたボリューム(中盛315g)と強い味わい、様々な具材による食感の楽しさもあり、あっという間にほぼ完食。
ただ注意なのは、ここで全部食べちゃうと後でもったいないことになるんです。

麺を二口分、チャーシューとメンマを少しだけ残し丼を上げ「スープ割りお願いします」!
これぞここの冷やチューを最後まで楽しみ尽くすTips。

ISOJI

厨房では、丼の中のものを小さな丼へ入れ直してくれ、熱々のスープを注いでリターン。
そう、ここで麺や具が残っていれば「ミニ豚魚ラーメン」として二倍楽しめるというわけ。

ISOJI

キンキンに冷えたお腹を、温かいスープでじんわりと温め、大満足でごちそうさま。
いやぁ、これとサマソニはほんと、毎年、何度食べても全く飽きないなぁ。。
今年は猛暑が続くらしいし、もう一度食べに来ようかと思います。

--

麺恋処 いそじ


関連ランキング:ラーメン | 南新宿駅代々木駅北参道駅


関連記事
コメント:
これですねw
昨年、やっと、ありつけました。
美味かった。
んでも、期待が大きすぎて、案外ふつう、
そして、そのふつうが病みつきになる「ふつう」、
毎年食べたくなる「ふつう」だった、そんな気もします。
今年はおそらく行けません。
姉妹店の味噌つけは、食べたいな、と思います。
[2016/08/03 01:44] | GT猫 #- | [edit]
>GT猫さん

こんにちは&コメありがとうございます!

おぉ、これを普通とな。。。(@_@)
個人的には、豚魚の冷やし中華の最高傑作だと思っております。
他店のフォロワーがないのは、たぶんレシピ的にマネできないのかなぁ、なんて。
まぁ、毎年食べたくなる、やみつきになるというのは同意w

新橋の方も冷やし、やってるんじゃないかなぁ?
近々確認に行ってみなければ。
[2016/08/06 14:29] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2407-c1c36d76

<< topページへこのページの先頭へ >>