かき揚げそば(500円)@品川・吉利庵

2016-07-03
今日の晩飯は、帰宅途中に品川で。
ホームの元常磐軒(今はJR系の経営)で軽く食べようかと思っていたのですが、そういや常磐軒が経営する高級版の路麺がエキナカにあったっけ。
ということで、「吉利庵」さん。

平日20:45到着。店内は数席座席がありますが基本スタンドタイプ。
ほぼ満員ですが、当然回転は早いですよ。
路麺にしては珍しくホール担当さんがいて、効率よく客を空きスペース誘導しているのが功を奏してますね。

KICHIRIAN

こちらのウリはかき揚げらしいので、券売機でかき揚げそばのボタンとポチし店内へ。
奥の配膳口に食券を出すと、瞬時に着丼。
生麺だそうですが、見込みで茹で置きしてるっぽいですね。かき揚げは揚げ置き。

KICHIRIAN

ほぉ。。まず丼が結構大きいのと、ご自慢のかき揚げは高さがあるタイプですか。

KICHIRIAN

ではお汁をズズズ。
お、かなり甘口。それでいて塩分濃度かなり濃い目。旨味はなくひたすらカエシで引っ張る感じ。
いわゆる「関東暗黒汁」って、甘くても後味すっきりなんだけど、これは塩辛さが口に残って味わいがイマイチですね。
うーん、正直東京の玄関口の路麺がコレってのはないかも?

KICHIRIAN

そばは伸びてて頼りなく、ネチッと粘る歯ごたえ。
プヨプヨしてるよりはいいけど、茹で上げてから結構時間立っている独特のコシのなさ。見込みすぎか・・
風味もないし、これなら無理に生麺にこだわらず、茹で麺をうまくオペレーションしてくれた方がはるかに旨いと思いますね。

KICHIRIAN

かき揚げは、円筒形の型に入れて上げた標高があるやつです。
見た目はいいんですが、こちらも揚げ置きで相当時間が経ってるっぽく、芯までしっかり冷えてますw
このおかげで、アツアツの汁がどんどん冷めていくし、食べたら固いし、そのくせ油切れが悪く、噛むとじゅわっと酸化した油が口中に。。。正直不快。
これなら、普通の冷めたかきあげ2枚の方が汁に浸せる分マシですね。

ということで、ほうほうの体で完食しセルフ下膳→ごちそうさま。

うーん、最近では珍しいJR系の経営ではない駅そばということで期待していましたが…正直全然ダメかなぁ。
しかも食材が悪いわけではなく、問題はほとんどオペレーションで発生しているのが非常に無念。

路麺ってぶっちゃけ、味的に旨いものではないんですよ。
でも、好き者から言わせてもらうと、それを取り巻く環境や雰囲気、そして提供する人の愛があるから好きなんですよ。
愛のない路麺を喰うくらいなら、コンビニの蕎麦食べた方が遥かに旨いですよ。

品川で路麺を啜るなら、面倒でも駅を出て港南口へ→「ふじ」さんの方が幸せになれそう。

--

吉利庵


関連ランキング:そば(蕎麦) | 品川駅北品川駅高輪台駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2390-70f3a64c

<< topページへこのページの先頭へ >>