冷しかき揚げうどん(370円)@田端・立ち食いそば かしやま

2016-06-23
今日のランチは田端
ということで、ずっと狙っていた路麺店へ初訪問。
駅直結の大跨線橋をちょっと歩き、階段を降りたところに数軒の飲食店が。その中の一軒が今日のターゲット「かしやま」さん。

KASHIYAMAKASHIYAMA

平日12:05到着。ランチタイムど真ん中なので、オールスタンディングな店内はほぼ満員。
ただ、オッサン率100%の路麺店ですから回転は激ッ速。食券を買っているうちにスペースが空きます。
店内は狭いですが、明るく清潔感あっていいですね。厨房はご家族でのオペレーションかな?

KASHIYAMA

食券を出し、まもなく着丼。
ほぉ。。基本路麺って「全体的に茶色」みたいな地味なイメージありますが、なんかビジュアルきれいですね!
濃い色のお汁からチラリと見えるうどんの白い肌。かき揚げは春菊の緑と桜えびの赤がいいアクセントに。

KASHIYAMA

では、お汁を一口。
あ、なかなか旨いですね~。
温かい汁はお店で仕込んでても、冷しメニューは既成品のめんつゆを使うお店も多い中、おそらくこれは自家製。
鰹がキリッと効いていて醤油の甘味も感じ、抜群に旨いです。無化調とのこと。

KASHIYAMA

自家製で手切りだといううどんは、しっかりエッジが立ったもの。
ツルリとした麺肌とモチプリの弾力ある歯ごたえが非常にいい感じ。

KASHIYAMA

かき揚げはフワッと軽めに揚げられたもので、ネギと小さめに刻んだ玉ねぎ、春菊に桜えびといった陣容。
かき揚げというと玉ねぎの甘味や食感が特徴的なお店が多いですが、こちらはそれよりもお好み焼きのような衣が主体w
とは言っても、いわゆる粉モン系の分厚い衣ではなく、フワッフワに軽くて柔らかい、あるいみ天カスの集合体みたいな食感と香ばしさがいい感じです。
揚げ置きのかき揚げって、基本ガチガチに固くて、温かいお汁を染み込ませて生き返らせるというパターンが多く、冷しとの相性という意味ではたぬきに勝てるものはないと思ってたのですが、これはかなりアリ!

ということで、サクッといただきごちそうさま。
初訪問でいきなり冷やし、しかもうどんという変化球を放ってしまいましたが、これにして正解!
汁よし、麺よし、揚げ物よし、と三拍子揃った見事な一杯を味わえました。
次回はおそばで行ってみよう。。再訪は確実。

--

立喰そば かしやま


関連ランキング:そば(蕎麦) | 田端駅赤土小学校前駅西日暮里駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2380-c9426592

<< topページへこのページの先頭へ >>