中華そば(670円)+ピリ辛チャーシューごはん(サービス)@芝公園・ラーメンよっしー

2016-06-13
今日のランチは浜松町
ちと時間もあったので、駅から少々歩き、気になっていた「よっしー」さんへ。
ちなみに、ここのほど近くには、天丼弁当で有名な「天弘」さん。相変わらず大行列です。
バス通りから一本入った路地にお店はあるのですが、手前に800円のランチ食べ放題の中華屋があったりして、なかなかの激戦区のようですね。

11:50到着。前客2、後客1。
11:00のオープンから11:50までは「早割」みたいな感じで、チャーシューご飯がサービスなんだとか。
入店がジャスト11:50だったので、着席と同時に、中華そばとチャーシューご飯を食い気味にオーダーw

YOSSYYOSSY

厨房は男性店主さんとそのお母様?の二名。
丼ものセットのオーダーが入るとお母さんが肉を炒め始めますが、換気がイマイチなのか、店中が焼肉屋の香りにw

待つこと数分で着丼。

YOSSY

ほぉ、なんか素朴な感じでいいですね。
クリアな醤油スープの上にはネギ、チャーシュー、メンマと非常にシンプル。彩りに青物が欲しいところw

YOSSY

ではスープを一口。
ほぉ、こりゃ都会的ではなく「旨い田舎のラーメン」といった風情(褒め言葉ですよ)!
レンゲでスープを口に運ぶ瞬間、鶏油のよい香りがふわりと広がります。

YOSSY

見た目、チャーハンのサイド的な超ライトなスープかと思いきや、かなりミッチリと旨みが詰まったものでびっくり。
ベースは鶏メインで僅かに生姜か香るもの。魚介は隠し味程度の使い方にとどめており、乾物系のまったりコクも感じられますね。
また、このスープのキモはカエシなんじゃないかな?まろやかですがかなり骨太な醤油の風味とコクが全体を引っ張っていく感じで、スープがペラペラでもある程度このカエシで持っていける感ありますね。化調っぽいコクはこちら由来のものかも。
塩梅はかなり強めの東北仕様ですね。

YOSSY

麺は自家製麺だそうで、中細角断面縮れ。
茹で前はかなりグレーっぽい色なのが特徴的。
加水は中程度で、チュルリとした滑りとポクポクとしたコシが印象的ですね。
ただ、元々やや柔らかめで、かつ足がかなり速い麺なので、大盛にするとのんびり食べてる余裕ないかも。麺量は150g程度かな。

YOSSY

チャーシューはモモロースかな?箸でほぐせる柔らかめの仕上がり。サシが適度に入ってるのもいいですね。
味付けはスープと同系等の味わいで、醤油感の奥に生姜か香ります。臭みなく豚の旨味もしっかりしていて、これが2枚ってのはお値打ち感あります。
メンマはコリコリといた薄切りの一般的なもの。
ここに青菜とナルトでもあったら「ザ・中華そば」な王道な雰囲気になるのですが、まぁこのお値段でそれは厳しいかな?

YOSSY

サービスで頂いたピリ辛チャーシューご飯は、茶碗一杯の白飯に刻んだ端豚とネギ、そして辛味噌ダレをかけたもの。
タレはコチュジャンっぽい甘辛味噌で、なかなかご飯が進む仕様です。辛味噌ラーメンに載るのもコレなのかな?

ということで、満足でごちそうさま。
これでこのお値段だったらC/Pも十分でしょう。
ラーメン以外のメニューがどれもいきなり800円代に跳ね上がっちゃうのは若干抵抗ありますがw、次回はタンメンにしてみようかな?

--

ラーメン よっしー


関連ランキング:ラーメン | 芝公園駅大門駅浜松町駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2366-a76904c8

<< topページへこのページの先頭へ >>