和にぼしラーメン(720円)@佐野市・麺屋 ゐをり

2016-06-11
今日の晩飯は佐野で。
当然ラーメンですよね?ということでお店をサーチ。
純粋な佐野ラーメンのお店ではないようですが、口コミでの評価がなかなか高いこちらに訪問です。

休日17:55到着。店内は半分ほどの入り。
客層は家族連れとおばちゃんグループのみで、ラヲタ率ゼロw
お店はかなりキレイ目で、カフェや洋食レストランとしても営業できる雰囲気。ジブリな置物も子供ウケいいでしょうね。

IWORIIWORI

ではメニューを確認。
ほぉ、醤油、塩、味噌と、なんでもござれなラインナップ。こういうお店に(以下略
そこで目についたのが「煮干」という単語。どんな感じなのか気になり「和にぼし」お願いします。
後から気づいたのですが、メニュー裏には「裏メニュー」として「ド煮干ラーメン」なんてのもありました(まぁでも自ら魚粉系ってネタバレしちゃってるw)。

IWORI

待つこと10分ほどで着丼。
うーん、さっきの「魚粉倍で濃厚煮干」って言ってる時点で薄々感づいてはいたのですが、こういう感じですか。。。

IWORI

魚粉が浮いたクリアな醤油スープ。その上にはチャーシュー、ネギ、メンマ、海苔。
上から振りかけられた青海苔が不思議感。

IWORI

ではスープを一口。
うん、ガラ系のあっさり動物スープに醤油ダレ、そこに節粉と煮干粉をブレンドしたタイプですね。煮干より節が前に出ます。
煮干から出汁を引いているわけではないようで、一昔前の「和風醤油ラーメン」といった面持ちで正直ちょっと拍子抜け。
まぁでも、味のバランスは非常によく、万人に受ける味として人気があるのもわかります。

IWORI

麺はゆるく縮れた中細丸断面のもの。
加水高めでモチモチの歯ごたえでプリッとした噛み心地がいいですが、これはいわゆる「佐野ラーメン」のものとは非なるもの。

IWORI

チャーシューは箸で持つと崩れるホロッとしたバラ煮豚。味付けもよくなかなかの仕上がり。
海苔はちょっと色が薄いもので、スープに付けるとおぼろ昆布みたいな食感になる不思議なもの。これ旨いですね!
メンマはコリッとしたしょっぱめのものが数本。

サクッと完食しごちそうさまでした。
佐野ラーメン」を求めるラヲタには全くオススメしませんが、キレイな店内で、多彩なメニューバリエーションやサイドメニューを家族みんなで楽しみたいというニーズにはきっちり応えてくれるお店だと思います。
佐野市民が毎日佐野ラーメンしか食べないわけないしw、地元で人気があるのってこういうお店だったりするんですよね。

--

ゐをり


関連ランキング:ラーメン | 佐野市駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2363-3f33d5b3

<< topページへこのページの先頭へ >>