モヤシそば大盛(470円)+餃子(180円)@所沢・大王

2010-06-23
DAIO

閉店まで一週間を切ったこのお店。
なくなる前にできるだけ足を運んでおきたくて、また来店。

平日12:33到着。並ぶかなぁ?と思いきや、店内空き2席。
カウンターへ滑り込み、大将へ口頭でオーダー。
まもなく満席→外待ち状態に。ギリギリセーフでした。平日は12:30くらいが客入りの一つの境目みたいですね。

この時点で、お客さんの半分にはまだ配膳されていない状態。満員の店内、オーダーが飛び交い、大将はちょっとテンパリ気味w
この状態だと15分くらいの待ちかなぁ、と思っていたところ、5分ほどで着丼。
どうやら、かなり前にオーダーされたタンメンのお客さんと注文を取り違えたようで、一気に5人抜きくらいで着丼してしまいました。
後回しにされた方には申し訳ないですが、ではさっそく頂きましょう。

熱々で火傷しそうなほどの大きな丼には、濃い目の醤油スープがタップリ。
その上には、大量の炒め野菜が載っています。

ここの麺はすぐに伸びてしまうので、まずは麺を引き出しつつ、天地返し。
同時に、シャキシャキの炒め野菜を熱々のスープに沈め、シナリとさせておきます。

では、バカでかいレンゲでもって、まずはスープを一口。
うん、いつもと同じ、鶏ガラ、野菜メインの淡い出汁ですね。そこにキリッとした醤油ダレ、そして化調で味の輪郭を整えています。
またいつもながら、ゴマ油が強烈に香るのがここの特徴です。
このお店、混み具合や他の注文との兼ね合い等で麺のコンディションがまちまちなのですが、今日の自家製麺はベストな茹で具合!
パツンとした切れ味、モッチリした噛み心地がなかなかいいですね~。

大量の野菜炒めの内容は、キャベツ、モヤシ、ニラ、タマネギ、ニンジン、そして豚コマ。
前回のタンメンでは麺を並盛にしたので、ラーメンというよりむしろ「野菜スープ」になってしまったのですが、今回は大盛なので、麺と野菜のバランスも良好。
シャッキリし歯ごたえとその甘みを、麺に絡ませながらいただけます。
スープが優しい雰囲気なので、卓上の黒胡椒を振ると非常にいいアクセントになってくれますね。

。。。にしても、なかなかの量。野菜だけでお腹一杯です。

なお、5分ほど送れて到着した餃子もかなりボリューミー。
厚めの鉄鍋でしっかりと焼かれており、パリパリとした焦げ目がいい味を出しています。
おそらく皮も自家製でなのでしょうか。厚めでモッチリした皮の中には、キャベツメインの甘めの具がミッチリ。
ここへ、ピリリと効かせた生姜の香りがいいフックとなり、なかなか旨い餃子になっています。これが180円!
前回頂いた半チャーハンも180円だし、ココのサイドメニューは最強ですな。

これだけ満腹になり、そこそこ美味しいラーメンと餃子、合わせて650円。
なんとも素晴らしすぎるC/Pじゃないですか。
こんな魅力的なお店も、来週月曜で閉店・・・本当に惜しいです。もう一回行けるかなぁ。。。
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/235-5c7a75bf

<< topページへこのページの先頭へ >>