らー麺(720円)@市ヶ谷・九段 斑鳩

2016-05-21
今日のランチは会社近くで軽めに。
では、九段下から移転してきた斑鳩本店に行ってみましょうか。

平日14:30到着。カウンターは半分ほどの入り。後客3。
ここは元々ラーメン屋「百舌」が入っていた物件ですね。
百舌の時は、民芸調の田舎臭い外装&内装でしたが、黒基調の和モダン、シックでアーバン(死語w)な雰囲気に。BGMはR&B。

IKARUGA

現在はまだプレオープン段階とのことで、ランチタイムのみの営業。
メニューも絞っており、入り口の券売機にはらー麺(と味玉、特製、大盛)のみ。
では「らー麺」をポチ。4年ほど前本店で食べた時は650円でしたが。。さすがに今の時代、その値段ではやっていけないでしょうな。

着席し食券を提出。客席はカウンターのみですが、席の間隔は広く快適。
厨房は広く3名でのオペレーション。客入りの挨拶が「へいらっしゃい!」ではなく「こんにちは!」なのもこちらの特徴w
待つこと3分ほどで着丼。

IKARUGA

そうそう、こんな感じでした。
ベージュ色の白濁スープの上には、チャーシュー、水菜にメンマ、海苔、あられ。ここはネギを入れないんですよね。

IKARUGA

ではスープを一口。
うん、安定の旨さですね!
東京駅は正直がっかりな仕上がりだったのですが(今はどうか知らないけど)、やはり本店、格が違う印象。

IKARUGA

味わいとしては魚介、特にスモーキーな節が先行。そして豚骨中心の動物の旨味がジワジワと広がる感じ。
温度が冷めゆくにつれ、徐々に豚骨の甘みが前面に出てきますね。
カエシの醤油感よりも出汁の旨味で持っていくタイプ。粘度は思ったよりあって、トロンとした口当たり。
雑味一切なし、舌触りもクリーミーで。。丁寧に作った豚魚は、またおまと言われてもやはり旨い。
一周回って改めて旨い、という印象を持つハイバランスなスープ。

IKARUGA

麺は大成食品製の中太平打ストレート。
加水は高めでモチモチプリプリの食感。麺自身の風味も良く、スープの引き上げも十分。
大成の麺って個人的にあまり好みじゃなかったんだけど、こういうスープには合うねぇ。

IKARUGA

チャーシューはロース煮豚の厚めのスライス。
これ、ちょっと驚く旨さ。昔本店で食べた時より俄然旨いかも。
箸で持った瞬間、ミッチリした食感のやつなんだろうな、と思って食べると、フワッと噛み切れる柔らかさ。
でもトロトロすぎるわけじゃなく、味付けも適度で、肉の繊維感と旨味がしっかり残っていて。。
家でもよくチャーシュー作るのでわかりますが、これなかなかすごい煮豚です!
メンマはコリコリの歯ごたえがいい箸休め。水菜のシャキッとした清涼感もいいですね。
海苔は小ぶりですが香りよし。あられは特に必要性を感じませんが、まぁ斑鳩らしさってことなんでしょうね(昔の本店にはなかったような?)。

ということで、さすがの完成度に唸りつつ、結局完食完飲。満足でごちそうさまでした。

プレオープンが終わると、いろいろメニューも増えてくるでしょうから、再訪は確実ですな。
とりあえず、チーズガーリックまぜそば、復活希望!w

--

九段 斑鳩


関連ランキング:ラーメン | 市ケ谷駅麹町駅半蔵門駅


関連記事
コメント:
あ、やっとレスを投下できるレビュー発見!w
この間行き損ねたんですよね、もう30分やってくれるとよいのだけど。
スープの温度で叩かれたからか、温度UPとともに動物質が濃くなった気がしてました。
私は多少熱さを抑えても、売りの魚介がグイッと出ていた時のが好みではありましたが、
今のは今ので素晴らしいバランシングなのでしょう。個性は後退したのかな。
でもチャーに磨きがかかるなど、やはり何かしらの進化を遂げていそうで、
やはり近々、タイミングを見て突撃します。
[2016/05/22 01:38] | GT猫 #- | [edit]
>GT猫さん

こんばんは&コメありがとうございます!

今はプレ営業なので、徐々に営業時間伸ばしていってるみたいですよ。
僕が行った時も、14:30過ぎても客受け入れてましたし。

久々に食べた斑鳩、やっぱ旨かったなぁ。
昔の味はわかりませんが、今も魚介先行ではありますよ。んで豚骨もしっかり出てて、すばらしいバランスでした。
チャーシューも、ワシッとしたやつはともかく、ホロホロにするのは簡単なんですよね。でもそうじゃない、この絶妙なソフトな食感はすげぇなぁ、と。

とりあえず行ってみてください!
[2016/05/23 22:36] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2337-a2629d1b

<< topページへこのページの先頭へ >>