スタミナ牛すじ冷そば(900円)@半蔵門・soba stand そばうさ

2016-05-20
今日のランチは会社近くで。
では、気温が上がると無性に食いたくなるアレをいただきに、久々のそばうささん。

平日13:40到着、店内は8割ほどの入り、後客続々。
テレビでも紹介されたようで、なんか来るたびにお客さんが増えてるような感じがするなぁ。
では、今日は豪華に、フラッグシップメニューである「スタミナ牛すじ」をポチっと。

厨房に食券を提出し、自席を確保ししばし待機。
待つこと5分ほどで呼び出しがかかりセルフ着丼です。

SOBAUSA

うん、港屋系(とこのお店を称するのも、もはや失礼かと思いますがw)のメニューに共通する「画ヂカラのなさ」w
深い丼にたっぷり蕎麦が入ってるのですが、ゴマと刻み海苔でそれは一切見えず。
つけ汁は濃い醤油色で、表面の油層が厚めなのが特徴的。

SOBAUSA

では、そばから一口。
うん、相変わらず表面ツルリ、噛めばガチムチの食べごたえ抜群のものですね。
量もたっぷりでハラペコリーマンでも納得のボリューム(茹で後400g弱)。
その上の海苔と白ゴマは、相変わらず親の敵といわんばかりの量w
でもこのやりきっちゃってる感がこのメニューのいい所ですよね~。

SOBAUSA

つけ汁の表面には液体油が張られており、キンと冷えていることもあって「固まらないか?」と心配になりますが、植物性の油のようで問題なし。
つか、久々に食べたからか、雰囲気が変わったような気がしますね?
初めて食べた時に感じたのは「ガパオっぽい?」といったエスニック的風味だったのですが、今日は醤油感が強くちょいソリッドな気がしないでもない(レシピ変えてないとしたら、俺の舌がバカだってことで)。
ミンチの味わいが若干控えめに感じ、奥にはしっかり鰹がいて「蕎麦汁」っぽさが増したようなバランスに。そこにニンニクと唐辛子の風味が一本筋を通すような雰囲気ですかね。

SOBAUSA

もりつゆ自身の強い甘さは相変わらずで、まぁこれが苦手な人はアウトでしょうが、個人的にはこれはキャッチーな個性と捉えているので問題なし。
しかしこの味の組立、センスいいよなぁ。。。港屋のコピーしか作れないお店とは格が違いますよ。

SOBAUSA

牛すじは温かく、ゴロゴロと大きな塊がたっぷりと麺側に載っています。デフォとの価格差150円と考えればまぁ妥当かな?
よく煮込まれており、ホロッホロに柔らかく、箸でつまむと崩れてしまうほど。
味付けは濃い目の甘辛系。つけ汁に入れてもいいですが、冷えたつけ汁に入れちゃうのはちともったいないかも。このメニューは「温そば」の方が合いそうですね。
もっというと、牛すじご飯が250円、ライス100円ということを考えると、そちらで頼んだ方がいろいろ楽しめそう。

SOBAUSA

途中から、玉子を麺側に投入。
つけ汁側に入れると汁が薄まるので、こちらに入れるのが個人的なポイントです。

SOBAUSA

また、卓上の辛味を入れるとビシッと雰囲気が引き締まりますねぇ。
この辛味も、ただの一味や七味、ラー油とかではなくちょい湿ったフレーク状のもので、複雑な辛さが特徴。これまた一捻りしているところがいいですね。

SOBAUSA

ということで、サクッと完食。卓上の蕎麦湯でつけ汁を割って飲んで、ごちそうさまでした。
路麺の価格帯とは大きく離れますが、いち飲食店として、すごいお気に入りのお店でございます。
もっと人気出るべきだと思うけど、これ以上混まないで欲しいなぁ(最近、ピークタイムは店外行列ができる日も)。

さて、次回は未食のリーズナブルメニュー「ぶっかけうどん」+牛すじご飯でいってみようかな?
でも、そろそろバジルが旨い季節になってくるし。。。迷うところです。

--

そばうさ


関連ランキング:立ち食いそば | 半蔵門駅麹町駅永田町駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2336-919cf06c

<< topページへこのページの先頭へ >>