鶏濃麺(750円)+和え玉(150円)@東千葉・濃麺海月

2016-05-19
今日の晩飯は千葉市で。
めったに来ることがない街なので、行ってみたいお店はたくさんありますが。。
その中でも抜きん出て魅力的な「海月」さんへ行ってみることに。
#というか、一回臨休でフラれてますw

休日17:50到着。
小さなお店なので店内は満席、店外行列8ほど。ここまで来てるんで、当然行列に接続です。
並んでいると、途中で女性店員さんが出てきて食券を先に買うように指示されます。

KURAGE

では券売機をチェック。狙いは「煮干濃麺」だったのですが、ぐはっ、なんと既に売れ切れ表示orz
うーむ。。。煮干系で攻めるなら「煮干らーめん」にすべきでしょうが「あっさり」と書いてありますね。
体的に濃いものを欲していたし、では方針転換。「濃厚鶏白湯」という「鶏濃麺」にしましょう。
あと、こちらに来たら当然「和え玉」もポチですな。

待つほど30分ほどで着席。
厨房は店主さん含む2名でのオペレーション。大きな寸胴に鶏ガラを山のように積み上げて炊いてます。こりゃ期待できそう。
まもなく着丼です。

KURAGE

ほぉ。。。いわゆるステレオタイプな「鶏白湯」だと勝手に想像していたんだけど、全然違う!
清湯っぽい見た目なんだけどやっぱり違う。。これ。。表面の油なのかな??
具はチャーシュー、ネギ、メンマ、海苔とシンプル。ネギの上にあるのは大葉かな。

KURAGE

では、スープを一口。
レンゲを入れようとすると。。おおぅ、透明なのにドロっとした粘度がかなり強め。こりゃ面白いかも。
表面は厚めの鶏油層。その下には、乳化したドロリッチな鶏スープとカエシ。
なんだろう、これは初めて食べる感覚かも?

KURAGE

乱暴にいうと、家系の鶏油とタレで麺を食べてるような感じに近いかなぁ。
かなりオイリーで旨味は相当強め。しかし醤油ダレがしっかり効いて全体を引き締めておりバランスはいいですね。かなりユニークなスープだと思います。
このスープ、白飯にぶっかけて鶏雑炊にしても旨いかもなぁ。

KURAGE

対する麺は、煮干系とは異なる全粒粉入りのモチモチ中太麺。
ポクッとした歯ざわりで風味もいいです。スープは当然相当絡みますね。
これ、細麺だったら油が強すぎて食べ疲れしちゃうと思うんで、このチョイスはベスト。麺量は180g。

KURAGE

チャーシューは低温調理の豚ロース。これだけだと最近はやりの感じなのですが、薄切りにしたものを一旦炭火で炙ることで香ばしさも加わり、なかなか旨いです。
また、大葉がこってり加減をかなり和らげてくれますね。
メンマは普通。鶏油を吸った海苔を食べると、なんとなく家系っぽい雰囲気w

サクッと固形物を完食し、和え玉の食券を提出。
和え玉は当然、煮干狂會系のアレですね。丼の縁の柚子胡椒が素敵。

KURAGE

煮干し粉とタレと油が細麺に絡み、間違いない旨さ!
レシピ自体は他店と変わらないと思うんですが、やはりタレと煮干し粉の個性がしっかり立ってて、いい感じ。
麺量もしっかり1玉、150gというのもうれしいところ。

KURAGE

ラストは残ったスープに入れて鶏煮干風味を楽しみ、しっかり腹パンパンでごちそうさまでした。

うん、そもそも煮干系を食べに伺ったのですが、この鶏白湯の個性もかなり気に入りましたね~。
ちなみに同行者は「煮干らーめん」を食べたのですが、一口味見させてもらうと。。。これで「あっさり」とは!十分濃厚煮干ですやんwこっちも捨てがたいなぁ。。

再訪は確実。次回は煮干系をいただいてみたいです。

--

濃麺 海月


関連ランキング:ラーメン | 東千葉駅栄町駅千葉公園駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2335-102ccb7d

<< topページへこのページの先頭へ >>