天丼セット(500円)@半蔵門・天かめ 平河町店

2016-05-18
今日のランチは会社近くでサクッと。
春日、本郷三丁目、飯田橋、江戸川橋とジワジワと勢力を拡大している新興路麺店「天かめ」さんが半蔵門にもやってきた!
ということで、早速行ってみることに。

立地としては、ソラノイロ本店の通りを半蔵門駅方面に向かった先。カレー天丼で有名な(?)天重さんの斜向かい。
平日13:40到着。前客3、後客3。女性のお一人様も。
間口は狭く、奥に細長い鰻の寝床的な店内。入り口に券売機2台。椅子はなく、完全立喰スタイルです。

TENKAMETENKAME

このお店一番の売れ線メニューであるであろう、券売機左上の「天丼セット」をポチ。
券売機の隣にある釜前スペースで食券を提出すると、その場で調理→トレイに載せて出してくれます。
ちなみにこの時は茹で置き麺でしたが、次のお客さんから「麺茹でますので2分ほどお待ちください」と言っていたので、生麺使用の小ロット茹で置きみたいですね。タイミングがよければ茹でたてが食べられそう。

たまたまオペレーションを見ていて気がついたのですが、湯がいたそばを丼に入れ、そこにお汁を張ると思いきや、茶色の粉を小さじ一杯分ほど投入。そこにネギをかぶせて、ネギの上からお玉でお汁をかけて完成。
ほぉ・・・こういった製法は初めて見ました。いわゆる「節粉による簡易版追い鰹」とでも言うべき製法ですな!
天丼の天ぷらは揚げ置きのものをタレにドブ漬け→予めタレを数回しかけたご飯にその天ぷらを載せて完成。

TENKAME

さて、自陣へトレイを運びいただきましょう。
しかし・・・さすが追い鰹。お汁の香りがグイグイ立ってきます。まるで「そばよし」さんのお汁のような印象。
ではお汁を一口。

TENKAME

うんうん、効いてますよ節粉!正直邪道ではあると思いますが、これは路麺としては大アリ。
おそらく醤油汁に近いお汁に、一気に出汁の旨味と香りを付加してくれますな。
以前飯田橋店で頂いた時にも感じましたが、醤油の塩気はかなり強めで、節粉の強い旨味もあってとてもパンチの効いたお汁。
いいか悪いかは別として、なんとも今風というか、ラーメンやつけ麺に慣れた舌にもストレートに訴求できる蕎麦汁だと思います。そして熱々なのがなんともいいですな。

TENKAME

お蕎麦は細めでグレーの色合い。ぐはぁ、湯気でピン抜けたorz
飯田橋で食べた時は、なんか水臭いというか、蕎麦粉でも小麦粉でもない独特の雑味が気になったのですが、今日は違和感を感じず。
個性は強くないですが、ホグッとしたコシが感じられる、路麺としては及第点のおそばだと思います。麺量は少なめ。

たぬきも、酸化臭等もなくサクサクでいい感じ。
ネギもフレッシュで悪く無いです。

TENKAME

さて天丼。
ここの天丼は何がすごいって、単なるかき揚げ丼ではなく、海老天も1本載るという豪華仕様であるところ。

TENKAME

海老は衣がかなり厚めに花を咲かせてあって、身はめちゃくちゃ細いです。まぁでも、あることが重要ですから!
かき揚げはタマネギ100%。揚げ置きでシナシナの固め。大きめのカットで食べ応えあります。

TENKAME

タレはかなり濃い口でベタッとした味わい。天ぷらドブ漬けだけで十分味が濃いのに、丁寧にご飯にもかけてくれるもんだから、汁ダクでショッペー!!
飯田橋でも感じましたが、全体的にかなり濃い味で、若者やブルーカラー向けの味付けなのはこのチェーン全体で共通みたいです。ご飯は軽く一膳分程度。

ということで、サクッといただきごちそうさまでした。
味の好みは人それぞれとして、正直C/Pではズバ抜けてると思うし、界隈の路麺店には脅威的な存在になりそうですね。
隣で蕎麦を啜っていたリーマン二人組も、「ここが一番汁が旨いね」と言っていたのが印象的でした。

にしてもこのエリア、ここ1年で「そばうさ」「あさひ」そして「天かめ」と、一気に非チェーン路麺店が増えましたね~。
そばうさは全く客層が異なるからカチ合うことはないと思いますが、あさひとはガチ勝負かなぁ。
今風の濃い味&圧倒的低価格の天かめ VS ちと高いけど上品で王道な味わいのあさひ、両者うまく住み分けて長く続いてほしいところ。
#ちなみにあさひさん、最近15時以降に使えるトッピング無料券を配布してますが。。。オールタイム利用可にした方がいいかも??

--

おそば天かめ  平河町店


関連ランキング:立ち食いそば | 半蔵門



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2332-d6a0e631

<< topページへこのページの先頭へ >>