ジャンボゲソ天そば(420円)@日暮里・六文そば 日暮里1号店

2016-05-16
今日のランチは日暮里です。
日暮里・・それは、六文×2、一由、仲屋と、路麺の一流店が軒を連ねる路麺ファン垂涎の地(ちとオーバーかw)!

ちなみに六文そばと言えば、興和物産の茹で麺というイメージが定着していますが、日暮里1号店だけは、唯一生麺を使用していることで知られています。
ということで、六文1号店へ。
こちら、区画整理のため立ち退きとなったようですがが、再開発で建てられた大きなビルのレストランフロアに入ってしまい、佇まい的にも他の六文とは一線を画す雰囲気ですよw

平日11:55到着。前客2、後客続々。近所のオフィスのランチタイムとなったか、すぐに行列発生です。
六文では唯一?の食券機で「ジャンボゲソ天そば」をポチし店内へ。
客席はカウンターのみで椅子あり。

生麺なので、提供まで数分かかります。
店内には興和物産の麺箱。生麺も興和なんだねw

ROKUMON SOBA

まもなく着丼。
うん、やっぱり六文、ゲソ天の佇まいが素晴らしいですなw

ROKUMON SOBA

お汁は甘いカエシが特徴的なものですが、生蕎麦の雰囲気に合わせたのか、よく言えばアッサリとした味わい。
逆に言うとちとコクが控えめで薄い印象。時間が経って煮詰まってくるとかなり旨くなりそうな雰囲気。

ROKUMON SOBA

そばは、プックリした太めのいつもの六文の麺ではなく、エッジの立った細麺なのが特徴的。
ちょい柔めな噛み心地ですが、しなやかな啜り心地でスルスルといただけます。
これは、もりでもいけるかも?

ROKUMON SOBA

ゲソ天は+30円すると「ジャンボゲソ」になります。
「ジャンボ」の名に恥じない太いぶつ切りたっぷりの豪快なサイズ感!
プリプリのゲソ、そしてザクッとした固めの衣がかなり満足度高いですね。
ネギはセルフ。卓上には七味と鷹の爪のダブル薬味。辛さを求めるなら鷹の爪、香りを求めるなら七味、と使い分けができます。

ROKUMON SOBA

ということで、ペロリとたいらげごちそうさま。
うん、ひと味ちがう六文、なかなかおもしろかったです。
今度は2号店だな。。。

--

六文そば 日暮里第1号店


関連ランキング:立ち食いそば | 日暮里駅西日暮里駅三河島駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2328-eada0ed4

<< topページへこのページの先頭へ >>