ラーメン(600円)@佐野市・ラーメン太七

2016-05-01
今日の晩飯は佐野で。
佐野って夜までやっているお店が少なくて、狙っていたお店は全滅。
そんな中営業中のこちらへ初訪問です。
どうやら、青ネギがたんまり載った「ネギラーメン」で有名なお店みたい。

平日19:10到着。
店内はテーブル席主体、カウンター少々の地方によくあるパターンで、8割ほどの入り。
青ネギも気になりますが、デフォの「ラーメン」を口頭オーダー。

TASHICHITASHICHI

待つこと4分ほどで着丼です。

TASHICHI

ほぉ。。佐野と言えばクリアなスープ&ピロピロ麺というイメージですが、このスープも相当クリアですな。
スープの中には結構太めの平打麺。上にはチャーシュー、メンマ、ナルトにネギ。

TASHICHI

ではスープを一口。
なるほど、こういう感じですか。超クリアなんだけどかなり旨みが強めなタイプ。
ちょい甘口で醤油感の控えめなカエシと、動物系の出汁感が相まって、塩スープのようなニュアンスも感じる独特の風味ですね。化調感もかなり感じます。

TASHICHI

麺は、厨房を見ていると一玉ずつビニールの袋に入っているようで、どこかの製麺所から仕入れているのかな?と思ったら、看板には自家「生」麺と。自家製麺とは書かないんですねw
形状は平打で幅広。かなり強めの手もみによる縮れが付けられており、意外にずっしりしていますね。
佐野ってピロピロのエアリー麺を想像してたけど、もっとヘヴィ。かなり硬めの茹で上がりで、麺同士がくっついたところは生煮えです(^_^;)この麺はもっと茹でた方が旨いと思うなぁ。。
#ちなみに佐野は青竹を使った手打ちが多いですが、こちらは機械製麺なんだそう。このしっかり感はそういうことでしたか。

TASHICHI

チャーシューはスタンダードな巻きチャー。
メンマもすこぶるスタンダードな仕上がり。ナルトがクラシカルでいい感じ。

ということで、サクッといただきごちそうさまでした。
ステレオタイプな「佐野ラーメン」とはちょっと異なる、なかなか個性的な麺の一杯、楽しめました。C/Pも良好。
冒頭に書いた通り、佐野で夜に食べられるお店ってあまりないので、今後も使わせてもらうことになりそうです。

--

ラーメン太七


関連ランキング:ラーメン | 堀米駅佐野駅


関連記事
tag : 佐野 太七
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2315-abd7fcc1

<< topページへこのページの先頭へ >>