かき揚げそば・関西風(380円)@有楽町・都そば

2016-04-09
今日のランチは有楽町
軽めに済ませたかったので路麺かな?
では、帝劇地下にある関西路麺の雄「都そば」さんに行ってみますか。
帝劇の地下=地下鉄有楽町駅と直結ってのがいいですね。
有楽町線の改札を出たらひたすら皇居側へ歩き、どん詰まりを右へ入ったあたりにお店フロアへの入り口があります。

平日14:10到着。前客3、後客2。
そこそこ広い店内は落ち着いた風情。左側に厨房、奥にテーブル、手前にカウンターといった配置。

MIYAKO SOBAMIYAKO SOBA

メニューを見ると、丼物も充実してるし、ラーメン(味噌も!w)もあるんですな、今度食べてみようかな。。
#ミニ丼セットの価格体系がよくわからん。。。
客層は中年以上の男性リーマンがほとんどですが、この時間だと女性お一人様も。
厨房は、ぶっきらぼうながらも感じは悪く無いおばちゃん。

MIYAKO SOBAMIYAKO SOBA

さて、口頭で「かき揚げそば」をお願いします。
関西路麺のお店なので、お出しは関西出汁と関東出汁から選択可能。では当然関西出汁で。
ちなみに関西風、冷やし、どれも同価格なのがうれしいところ。
茹で麺、揚げ置きなので一瞬で完成。代金と引き換えにセルフ着丼。
ほぉ、路麺らしからぬクリアなお汁が印象的ですね!
また、盛りにしっかり高さがあり見栄えも上々。

MIYAKO SOBA

ではお汁を一口。
お汁はアツアツ。五・十が付く日は生卵がサービスだそうなので、たぶん投入するとフワッと表面が固まってくれそう。
出汁は、以前三宮の都そばで食べたのと同じ白出汁。鰹と醤油感が控えめで昆布の旨味がじんわりひろがるあっさりタイプ。

MIYAKO SOBA

初動はおとなしいものの、味的にはかなり濃い目です。塩分濃度は関東風より高いかも?
また、醤油の香ばしさがないぶん、否が応でも出汁の旨味が主張するんだけど、ちとケミカル感強いかな。。

MIYAKO SOBA

麺は茹で麺。中細でモソボソッとした柔らか食感。蕎麦の香りはありません。
もうちょっとハリのある食感が好きかな。

MIYAKO SOBA

かき揚げはタマネギ中心でニンジンも入ってますね。
いい感じに油が落ちててサクッとした食感。ボリュームも十分で、ヤサイの甘みと食感を両立させた絶妙な火の入れ具合がいい感じ。これはかき揚げ丼もよさげ。

ということで、サクッと完食。
普段東京の路麺ではなかなか味わえないお汁なので、物珍しさもあってほぼ完飲してしまったorz
でも、これはやっぱり、そばよりうどんの方が合いますね。。。

営業時間も長いので、雨が降っても駅から濡れずに来れるアドバンテージは大きいですね。
再訪は確実。次回以降、来るなら玉子が付く5・10の日ですな!

--

都そば


関連ランキング:そば(蕎麦) | 有楽町駅日比谷駅二重橋前駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2285-8e67b4fc

<< topページへこのページの先頭へ >>