排骨カレー(1200円)@神保町・新世界菜館

2016-03-08
今日のランチは神保町
お腹ペコペコなので、今日はカレーをガッツリ行きたいな。
・・・となれば、まんてんor南海?
あ、そういえば、パイコーカレーが有名な中華屋があるって聞いたことがあるなぁ。
では今日はそちらで。場所は神保町の中心となる、その名も神保町交差点からほど近い、靖国通り沿いのビル。

いわゆる高級中華店的な佇まいなので少々緊張しますが、意を決して入店。
平日13:50到着。
店内は暗く、所々パーテションで仕切られているので混雑具合はわかりませんが、ピークタイムは外してるので1/3程度でしょうか。
テーブル席に案内され着席。うーん、落ち着く店内。。いや、逆に落ち着かねぇw

SINSEKAI HANTEN

さて、メニューを確認。やっぱ街中華とは価格帯が違いますな。。。
いろいろあるけど、やっぱ今日はカレーな気分。
では、ホールの店員さんに「排骨カレー」をお願いします。

SINSEKAI HANTENSINSEKAI HANTEN

待つこと5分ほどで、サラダが先に到着。
パリッとしたベビーリーフ各種とトマト。サウザンドレッシングがいい感じですね。量は十分。

サラダを速攻で食べ終わり、待つこと15分。
ちょっと待ちくたびれたころにカレー&スープが着丼です。排骨揚げてたのかな?

SINSEKAI HANTEN

ってか、深皿デカッ!w
直系40cmほどの深皿には、ライスとカレーが半々に。またライスとカレーの接点部分には排骨。上には温玉。端には紅生姜。

SINSEKAI HANTEN

まずは排骨を引き上げてみますが。。。排骨デカッ!カレールーに半分以上浸かっていただけで、見えているのは氷山の一角でしたw大人の手のひらくらいはある大ぶりなバラ肉です。
また、ご飯に対しルウの量がかなり多めに見えますね~。こりゃご飯大盛にすればよかったかな?と思いつつ、ルウ大柴、じゃなかったルウ多めに食べ進みましょう←伏線

SINSEKAI HANTEN

ルウは、長時間かけて煮こまれた欧風カレーとかとは異なり、中華鍋で材料を炒め煮しカレー粉と片栗粉で仕上げたようなタイプ。
特に中華スパイス系の風味は感じず、素直なカレー粉の風味。辛さはなくマイルド。温玉を崩すとさらにマイルドになり
旨味が増します。
具は豚バラ、玉葱、ニンジン。どれも絶妙な火の入れ具合で、特に玉葱が柔らかい中にもシャリッと歯ごたえが残ってるところがいいですよ。

SINSEKAI HANTEN

さて排骨
きっちり醤油や八角の風味で味付けられ、サクサクの衣を付けて揚げられたもの。
サイズ感は前述の通り、脂身も結構あり、相当食べごたえありますね~。
また、紅生姜の酸味と辛味がいいアクセントになってくれます。基本カレーに紅生姜って合わないと思ってたけど、この中華カレーには抜群に合います。温玉もいい感じ。

SINSEKAI HANTEN

半分ほど食べ進んだところで気がつくのは、これ、やっぱご飯もかなり多いっす。。。
盛り方にムラがあったようで、後半一気にライスの厚みが増加w

SINSEKAI HANTEN

付属のスープは白濁のもの。
鶏白湯かな?と思って飲んでみると、意外にも味噌汁w
具は大根、ニンジン、油揚げ。しかしスープの容器に入った味噌汁をレンゲで飲むってなんかすごい違和感w

ボリューミィな排骨があるから全体的に多めに感じたのかもしれないけど、体感的にはライスは400g以上はあったかな。
ルーはそれに対しても若干多めに感じるボリューム。
排骨に至っては間違いなくジャンボサイズ。。。いやぁ、相当腹パンパンでご馳走様でした。

ということで、中華風のカツカレーに満足。
カレーライスとしてのボリューム感は相当で、世のカレー屋の大盛を遥かに凌駕するサイズ感でしたね(まぁ、値段も凌駕してるけど)。
できれば1000円切ってくれたらネ申だけど、このボリュームでサラダとスープまで付いてるので、文句なしかな。
#昼の部はメニューの価格表示が税込み扱いとなるので、夜に比べると若干お得感ありますw

--

新世界菜館


関連ランキング:中華料理 | 神保町駅九段下駅竹橋駅


関連記事
コメント:
どーもです!!
実に魅力的ですw
神保町でカレーというと燻製のお店や某老舗店ばかりに向かってしまうのですが、
こちらにもお邪魔してみたくなりました。
[2016/03/09 10:18] | 和泉 #- | [edit]
>和泉さん

こんばんは&コメありがとうございます!

ここ、結構ダークホースだと思いますよ。
インド風、欧風、日本風と、それぞれ名店はありますが、それらと同じ土俵で戦おうとしてないところが魅力っす。
お値段ちと高めですが、量と雰囲気を考えると妥当かな。

ぜひ!
[2016/03/13 12:47] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2263-b25f77ca

<< topページへこのページの先頭へ >>