【2月限定】鱈ちりうどん・大盛(700円)+ポテサラ天(120円)@青物横丁・おにやんま 東品川店

2016-02-23
今日の晩飯はご近所で。
諸事情でラーメン以外のもの、ということでチョイスはうどん。
青横おにやの今月の限定「鱈ちり」、これまで二度狙ったけど非情にも「売り切れ」ランプが付いてたんですよね。。
#もしかしたら手間がかかるから忙しい時間帯はやってないのかも

平日20:25到着。店内は半分ほどの入り。
おそるおそる券売機を覗くと。。。よかった、三度目の正直!w
お腹も空いていたので、鱈ちりの大盛、そして週替り天の「ポテサラ天」もポチ。
限定はスープを小鍋で仕込む必要があるので、レギュラーオーダーの後客に抜かれつつ、8分ほどで着丼。

ONIYANMA

ほぉ。。やっぱおにやの大盛(中盛も)は丼が大きくてテンション上がるね!
クリアなお出汁の中にはうどんがたっぷり。その上には、鱈3切れ、シイタケ、人参、たっぷり白菜、豆腐、ネギ、そして水菜。
・・・こりゃほぼ、「一人鍋+〆のうどん」ですやん!
ちと高いかな、と思ったけど、これならこの値段でもまぁ納得かな?

では、丼を持ってズズズ。
おぉ、こりゃ旨い!
普通に飲んでも旨いおにやのお出汁。それをベースに鱈ちり鍋をやっちゃった感じですね。
つまり、ベースがしっかりしてる所に鱈の旨味や白菜の甘みがしっかり沁み出しており、なにこれ反則ワザ的な美味さ!

ONIYANMA

うどんはモチモチ系の歯ごたえ。
こちらのお店は、敢えて都度茹でではなく単ロット茹で置き。今回は茹で置きラストロットなので、ちょいヤワ系。
でも端切れっぽい幅広の麺も入ってて結構面白い食感でしたw
大盛なので量は2玉。茹で後400~500gくらいはある感じかな?かなり腹にたまりますよ。

ONIYANMA

具の主役はやはり鱈。スーパーで売ってる真鱈や銀鱈とはちょっと違う雰囲気?
既に火が入っているものを温めなおすのでちょいパサ感あり、あの鍋のフワッフワした食感はないけれど、まぁ出汁要員としておきましょうw3切れも入ってるのは満足度高いですよ。
野菜がたっぷりなのも個人的にはうれしいですね。特に出汁の染みたシイタケは絶品。豆腐もしっかりカサがあって満足度高めです。

ONIYANMA

また、ニンジンがハート型なのが何気にかわいいw
おにやの店員さんって基本男臭い感じの方が多いんですが、彼らが丁寧にハート型のニンジンを抜いてる姿を想像すると、なんか微笑ましいっすなww

途中、店員さん「もし嫌いじゃなければ…」と「YUZUSCO」を出してきてくれました。
おぅ、これ食べてみたかったんだよね!
ということで、チョイチョイと雫を垂らしてお汁をズズズ。
・・・うまッ!
なるほど~、柚子胡椒の爽やかな香りと辛味に加え、タバスコらしい酸味が加わるんですな。酸っぱいの大好きなので、これは柚子胡椒よりも好きかも。まったりした鍋風のスープが一気に引き締まりますね。
結構入れてもそれほど辛くないので、ドボドボ入れちゃいましたw

ONIYANMA

さて今週の天ぷらである「ポテサラ天」も行きますか。まず意外にでかくてびっくりw
食べてみると、ネットリした感じを想像してたのですが、5mm立方くらいのジャガイモの粒粒感がある食感が面白いですね。ベースは業務用のポテサラパックかな?

ONIYANMA

でも、風味はしっかり芋っぽさが残っており、結果、「マヨジャガコロッケ」っぽい雰囲気に。これ旨い!
おにやの変わり天は、たまに「?」という小さいのもあるのですが、今回はボリュームもあって、なかなか満足度高いと思いますね。

ということで、お腹パンパンでごちそうさまでした。
1食820円というと、完全に「おにや価格帯」ではなくなってますが、今回のは具材もたっぷりで満足感あったかな。
心の余裕があれば、ビールなんか付けちゃったりして、ちょいリッチに「鍋」を食べる感覚で楽しむのがよいかと。
これまであまり見なかった基軸の、鍋焼きうどんからの讃岐アプローチ、かなりオススメです。

--

おにやんま 東品川店


関連ランキング:うどん | 青物横丁駅品川シーサイド駅鮫洲駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2256-1a1c12c6

<< topページへこのページの先頭へ >>