【限定】トムヤム味噌ラーメン(900円)+トムヤム半替え玉(50円)@目黒・づゅる麺池田

2016-02-22
今日のランチは目黒
となれば。。づゅる麺一択でしょう。
デフォの旨さもさることながら、タイ系の創作ラーメンを作らせたら右に出るものはいないこちらのお店。
今回は「トムヤム味噌」をリリース、ということで、ずっとチャンスを伺っていたのです。

平日11:40到着。
開店直後なのでまだ落ち着いた客入りかな?と思いきや店内ほぼ満席、空き1。
慌てて限定の食券+替え玉の食券を買い店内へ。

JURUMEN

厨房には池田店主。ご挨拶して着席。
食券を出すタイミングで、申し訳ないですが「パクチー抜き」でお願いします(いいパクチー使ってるらしいし、残しちゃうの申し訳ないので)。

待つこと5分で着丼。
「パクチーないと彩りがネ。。」と池田店主。すみません(^_^;)でも写真撮りまーすw

JURUMEN

ほぉ。。トムヤムクンらしく、オレンジ色っぽいスープ。
その上には、モヤシとシメジ、エビ(本来ならここにパクチーが載ります)。

JURUMEN

ではスープを一口。
・・・ウンマッ!
なるほど、味噌とトムヤムクンが見事に融合してますね!
シーケンスとしては、最初はグッとトムヤムのスパイスと酸味が先行し、そこからじわじわと味噌の甘みが出て口に広がる感じ。ベースはこちらの鶏白湯になるのかな?
ナンプラーのクセはごくわずか。酸味も(たまにかなり酸っぱいお店もありますが)それほど強くなく、ラーメンスープとしてうまいところに着地していますね。舌にビリッとくる唐辛子系の辛味はしっかりありますよ。

このトムヤムと味噌、両者の味わいが移り変わる際には「谷」があるようで、そこを埋める食材「何かわかりました?」と池田店主。。
・・・ずびばせん、、わかりませんorz
答えを聞いて納得!なるほどねぇ。このキツくない酸味と甘味はアレでしたか。トムヤムの風味に隠れて全然わかりませんでした。これぞホントの隠し味ですなぁ(気になる方はお店で聞いてみてください)。
づゅる麺のスープって、結構塩気が強めな時も多いのですが、今回は個人的にちょうどいい塩梅。

JURUMEN

麺はエッジの立った細ストレート。
最近の限定の麺はプチプチした弾力感が特徴的でしたが、今回は表面がちょいデンプン化してる感じで、ニュルッとした食感から噛めばムチッと粘り腰のある食感。モギュモギュと噛みしめるのが心地よいですね~。スープの絡みは当然良好。

浅く茹でられたモヤシは、太めでパキパキの歯ごたえ。いい食感のアクセントになってくれます。臭みもなし。シメジもいい感じの脇役です。
エビは小ぶりなものが3尾。ぷりっとしてて旨いですな。

JURUMEN

スープが旨いので、危うく完飲しそうになりつつ固形物を瞬時に完食。
少しだけ残ったスープに・・そう、替え玉!

JURUMEN

食券は既に出してあるので、声をかけたらすぐに着丼。
ほぉ、麺の上には赤いエビペーストが載ってますね。まずはこれだけで混ぜて食べてみると、いい感じの香ばしさ。
塩気はほぼないですが、ここにカエシをかけるだけでズバズバいけそうな感じw

JURUMEN

さてこれを残ったスープへドボン。
うん、トムヤムとエビ、相性悪いわけないですね。むきエビとは異なる香ばしい小エビの風味が加わり、またちょっとニュアンス変わります。

JURUMEN

ということで、またしても瞬時に完食完飲でごちそうさまでした。

うん、店主自ら「傑作」とおっしゃるだけありw、間違いない完成度のトムヤム味噌ラーメンでした。
何度も言うけど、トムヤムクンと味噌の風味がシームレスにつながっていく感覚、相当完成度高いと思いますね~。
トムヤムクン好きな方なら間違いなくハマると思うんで、ぜひお試しを!

#池田店主、既にこのトムヤムの次の限定の構想を策定しているらしく、「ラオス風担々麺」とのこと。ラオスってどんなん???気になりまくりですw

--

づゅる麺池田


関連ランキング:つけ麺 | 目黒駅


関連記事
コメント:
どーもです!!
いただいてまいりましたよ~
パクチー、美味かったです(笑)

ラオス、めちゃくちゃ気になる存在になりました。
[2016/03/02 18:10] | 和泉 #- | [edit]
>和泉さん

こんばんは&コメありがとうございます!

おっ、行かれましたか!
うまかったでしょ〜。
んで、パクチーは絶対合うはずですw

ラオス担々麺、見た目的には台湾ラーメン(名古屋のじゃなくてガチの台湾のやつ)っぽいんですが。。。池田さんのことだから、どんな味になってるのやら。
超楽しみです!
[2016/03/02 22:29] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2255-4b49cbf0

<< topページへこのページの先頭へ >>