つゆ無し担々麺・4辛(830円)+半ライス(100円)@田原町・阿吽 浅草店

2016-02-16
今日のランチは浅草付近で。
なんとなく辛〜いやつが食べたかったので。。。最近経営が変わり支店を展開したという「阿吽」さんの浅草店に行ってみましょうか。

近くの白枠に車を停め、休日14:20到着。
湯島の本店でも行列が絶えない人気店、さすがにこちらも外待ち4。
まぁでも、4人くらいならすぐに回転するでしょ、と行列に接続。ちなみに食券は先買いです。

A-UN

辛さは、3辛が標準、4辛は3辛の3倍の辛さ。ここまでが同料金。
そして5辛は4辛の20倍の辛さでプラス100円。。なにその指数関数的な増え方w
では、まずはお手並み拝見ということで4辛で。

まもなくポツポツと席が空きますが、待ち客は2人組×2。1人客優先ルールはないのでじっと待機。
客席を見ると。。。ビールを飲んでにこやかに会話しつつ、箸の進みが異様に遅い4人組・・・まぁ、待ちましょう(´・ω・`)

20分ほど待ったところでようやく店内へ。
厨房のオペレーションは一人で、調理もスピーディというわけではないですな。
10分ほどで着丼。

A-UN

ほぉ。。さすがに待たせるだけあります。汁なし担々としては理想的なルックス!
独特な楕円のボウルには、底にタレと辣油、そこに麺が載せられ、上にはドライな感じの肉味噌、水菜、カイワレ、干しエビ、ミルで挽かれた花椒。

A-UN

では、グリンと混ぜつつ一口。
ほぉ。。さすがに旨いですな!
もっとラー油がシャープなのかと思ってたんだけど、意外に芝麻醤系のまったりした甘みも強いです。
肉味噌はそれほど濃い味ではなく、タレと和えるとちょうどいい感じ。水菜のパキパキ感はいいアクセント。
にしても。。肉味噌の旨味、ラー油の香り、芝麻醤油の甘みとコク、そして花椒のシビレのバランスが最強で、さすがのクオリティ!

A-UN

塩気がかなり強いので、麺と水菜だけだと受け止めきれない感はあり、即効で半ライス発注(100円)。
ちなみに半ライスは平日は30円だそうで、平日は付けないとダメなやつですね(確か本店では無料だったような?残す客がいるから有料化したんでしょうか)。

A-UN

麺はあつもりでそのままタレと和えられたもの。
モチモチとした弾力の中太平打麺がしっかりタレを絡めとり、かなりいい感じですよ。

A-UN

4辛は「3辛の3倍」の辛さということで「それは9辛なんじゃない?」と心の中でツッコミつつおそるおそる食べてみたんだけど、辛さ自体は辛党なら楽勝ですな。中本等でよくある「啜ったら負け」的なむせ返る唐辛子感はありません。
ただ、強烈なのは花椒のシビレ!二口目から舌先がピリピリするレベルで、後半はあの「水の味がよくわからなくなる」ところまで行っちゃいます。でも花椒はこのくらいシビレないとね!この心地よいシビレ感覚、たまりませんな。

A-UN

麺はあっという間に食べ終わり、あとは残った肉味噌とタレをライスに載せて、絶品担々丼!
ザクザクと一気に食べてごちそうさまでした。

A-UN

いやぁ、旨かったです。全体の圧倒的な完成度は素晴らしく、これまで食べた汁なし担々の中でも、間違いなくトップクラス。
創業者の方は既に経営から外れているようですが、しっかりレシピは受け継いでいるようで安心ですな。
ただ個人的には、味が少々濃すぎな感はあったので、ベタベタでセンスないけど、茹でモヤシかなんかが入ってた方が食べやすかったかも。あと、ナッツが入ってれば完璧でしたね(次回はナッツ持参しようかな?w)。

これまで「阿吽」と言えば営業時間が短い&臨休多い&常に行列という印象が強く、旨いとはわかっていても訪問が後回しになってしまっていましたが、今は本店&支店共に遅くまで安定営業してるみたいですね。これは資本が入ったことによるいい影響ですな。
再訪は確実。次回は5辛チャレンジしてみるか。。迷うなぁ。。w

--

阿吽 浅草店


関連ランキング:担々麺 | 田原町駅浅草駅(つくばEXP)浅草駅(東武・都営・メトロ)


関連記事
コメント:
本店含め未訪なんですが、
本日、この界隈で呑む予定につき
狙ってみようかしら(^^)
辛さレベル1で^_^;
[2016/02/17 08:16] | Y #- | [edit]
予定より大幅に遅れましたが、
何とか退院してまいりました。
想定外の大量出血→再手術など、たいへんではありましたが…。

かつお拳の記事に最もそそられましたが、
見落とされるのもアレなので、こちらへ(笑)。

支店、出してたんですねー。
かなり記憶が薄れましたが、定番アイテムを使いながら、
日本人好みのバランスに仕上げ、インパクトより、何度も食べたくなる美味さを感じた記憶あり。
方向性はそのままに、密度の濃いものに進化していることがうかがわれます。
こういうお店こそ、もっと評価されたし。

かつお拳の方も、日本人好みの鰹の使い方を極めたようなスープが惹かれますねー。
日曜日も開けていただけると行きやすいのですが。
麺は、たしかに、もう一声、という感じなのかなー。

土曜まで粥を食ってた身なのでw
もう少し胃腸がなれたら、麺活を再開します。



[2016/02/17 10:37] | 名無しさん #- | [edit]
>Yさん

こんばんは&コメありがとうございます!

辛さ1ではたして旨いのかわかりませんが。。。
中本とかと比べると辛さの質が違うので、唐辛子系の辛さが苦手な方でもこれは行けそうな気も。。
チャレンジの結果をお聞かせください!w

--

>名無しさん(GT猫さんですよね?w)

ごぶさたです&コメありがとうございます!

いろいろと大変だったみたいですねぇ。。。ともあれご無事でなによりでした。
さぁ、あとは体調整えて。。世の中には旨い飯にあふれてますよ!!

で、こちら。
そうですねぇ。インパクトより何度も食べたくなる美味さ。。うーん、ここ比較じゃないかも。
一口目のインパクトもかなりあるんだけど、初動で突っ走るタイプではなく、後からジワジワとクセになってくる、中毒性のある美味さも兼ね備えてる、という印象を持ちました。

今や資本系のお店になっているようですが、しっかりレシピは継承されているようでうれしいです。

かつお拳、最近は濃厚系のスープも始めてるみたいですね。
だいぶ前の実食なので、また定点観測に行かないとです。
[2016/02/17 21:46] | タム6000 #- | [edit]
どーもです!!
>これまで「阿吽」と言えば営業時間が短い&臨休多い

まさにこの印象でした。
このイメージが強く、全く再訪意欲に繋がりません(苦笑)
[2016/02/18 12:13] | 和泉 #- | [edit]
>和泉さん

こんばんは&コメありがとうございます!

そうなんですよね〜、旧店主さんの時は湯島まで行ってフラれたことが何回も。。。(^_^;)
でも、こちらはいい意味で資本化されたというか、味は落ちず、営業が安定した、と良い方向に転じた気がします。

ぜひ、リベンジに行ってみてください!w
[2016/02/20 23:25] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2251-5cd63ce9

<< topページへこのページの先頭へ >>