鶏ソバ(780円)+替え玉ホタテ(150円)@松原団地・NOODLE STOCK 鶴おか

2016-02-12
珍しく平日フリーだったので、今日のランチは遠征しましょう。
ということで、路麺ファンのメッカとも言っていい「南花畑」!

・・・そば政さん、早じまいでギリアウトー!(ʘдʘ╬)
#まだ店内にはお客さんが。。。こういうの一番くやしいorz

ここまで来てこの仕打ち。。タダでは帰れん!と方針転換。
めったに来ないエリアなので。。。しばしスマホでお店を検索→気分を「ラ」に切り替え、鶏白湯が絶品だという「鶴おか」さんへ初訪問。

平日13:05到着。
店内はほぼ満席でしたが空き2。後客も続々で店外待ち発生。人気ありますな。

TSURUOKA

食券機で、デフォの「鶏ソバ」をポチ。それから替え玉ってのもいってみますか。
ホタテとイタリアンってのがあるけど、まずはホタテで。
待つこと5分ほどで着丼。

TSURUOKA

ほぉ。。。どことなく「洋」というか「カフェ飯」的なシャレオツな雰囲気なんですね。
オシャレな切り立て丼のは白湯スープ。その上にはレタス系のたっぷり葉物、ハムのような低温調理チャーシュー、それからシーチキンみたいなほぐし鶏。
#結構頻繁にレシピを見直すお店のようなので、現在は違う仕様になってるかも。

TSURUOKA

では、まずはスープを一口。
・・・うん、非常にバランスのいい優等生的鶏白湯ですな。
油っこくもないし、かと言ってシャバシャバで物足りなくもなく、適度な粘度と分厚い鶏の旨味に満ちたもの。
臭みなく、鶏と香味野菜の香りが効いてて、かなり旨いなぁ。
鶏の穴のようなコーンポタージュっぽい香りもするけれど、あれほどガツンと脂と塩が効いたものではなく非常にバランスよく上品。思い出したのは、「蔭山」の鶏白湯をもうちょっとサラッとさせた感じかな。

TSURUOKA

麺はムチッと弾力のある歯切れのよい中太ストレート。
麺自身の風味もあり、スープとの相性もばっちりです。麺量は150gとのこと。

TSURUOKA

チャーシューは豚ロース低温調理の極薄レアスライス。
レアっぽいムチムチの食感ときっちり染みた醤油の風味がいい感じですねぇ。
ほぐし鶏にはサルサっぽい味付けがしてあり、スープと混ざるとちょっと味わいのニュアンスが変わります。

青物は、メインはロメインレタスかな?それからムラサキタマネギの姿も。シャキッとした食感、サッパリした風味が上品だなぁ。。
また、パプリカパウダー(たぶん)が振りかけてあり、その独特のほろ苦さが加わるとまた違った魅力を見せますね。
素性がいいスープだけに、いろんなちょい足しを素直に受け入れそうです。とりあえずトマトとチーズ入れてみたいかもw

麺量もスープも少なめなので、すぐに固形物がなくなり、替え玉をお願いします。

TSURUOKA

替え玉はラーメンと同じ麺かな?
麺、カエシ、油、チャーシュー、刻みタマネギ、ネギ、ホタテパウダーが入っており、いわゆる「和え玉」でそのまま食べても旨いパターン。

TSURUOKA

ザックリ混ぜて食べると、ホタテの香りが立ち、塩気もビシッと効いており、これは単体でめちゃくちゃ旨い!チャーシューもたっぷり、オニオンの清涼感もいいですよ~。

TSURUOKA

単体で食べきりそうになったけど。最後はスープに投入!
鶏白湯+ホタテ風味の組み合わせを楽しんで完食完飲。大満足でごちそうさまでした。

うん、優等生的鶏白湯+女子ウケしそうなカフェメシ風な載せ物という組み合わせ。ガッツリ食べたい男性にはしっかりした味わいの替え玉。人気になるのもわかる、いい戦略ですな。
Twitter等を見ていると、結構改善を重ねているお店っぽいので、定期観測したらより楽しそうです。
近場に来てくれないかなぁ。。w

--

NOODLE STOCK 鶴おか


関連ランキング:ラーメン | 松原団地駅


関連記事
コメント:
どーもです!!
なるほど、珍しいエリアに出没したなぁと思っていたら、
そういう経緯がありましたか。
この界隈、何気に激戦区なんですよね~
[2016/02/15 17:43] | 和泉 #- | [edit]
>和泉さん

こんばんは&コメありがとうございます!

そば政。。。orz
まぁでも、そんなことでもないとこのエリアでラってのもないですから、結果オーライですw

この界隈、仰るとおり結構食いたいお店多いです。
今だとダントツで鷹の眼かなぁ。。
[2016/02/17 21:42] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2250-119dd4ec

<< topページへこのページの先頭へ >>