【限定】ソラのホワイトスパイス麺(1000円)@麹町・ソラノイロ

2016-01-31
【1月限定とのことでしたが、2/1の週まで提供するとのこと】

今日のランチは麹町でクイックランチ。
閉店カウントダウン中のソラノイロ2号店にも行かなきゃだけど、うーむ、本店の1月限定を狙うなら今日しかないか。。
ということで、小雨の中本店へ。

平日11:30到着。店内は半分ほどの入りでしたがすぐに満席→待ち行列発生。
この限定、昼15、夜10とのことですが、この時間なら余裕ですね。
後客の限定オーダー率も高いなぁ。。昨日某官僚がツイートしたからかな?w

SORANOIRO

オーダーが入ると、厨房ではジュワーッと揚げ物の音と香りが。
ん?このメニュー、揚げ物載るっけ?
・・・とか考えていたら、まもなく着丼。

SORANOIRO

ほぉ。。ほんとだ、丼の中は白(というか赤っぽいベージュ)で統一されており、どんな味なのかかなり期待が膨らみます。
「途中からよく混ぜてください」との説明が。あ、別皿味玉AZS!

SORANOIRO

では、かなりドロっとしたスープを一口。
ほぉ。。。味噌なんだね。
ベースは大豆を粗めにペーストした豆乳で、そこに白味噌系の甘いお味噌を加えたもの。
通常イメージする「味噌ラーメン」とは全く異なりますが、これもまた味噌ラーメンですね。

SORANOIRO

おそらく動物性食材は使っていないビーガンだと思いますが、ポッテリドロリとした口当たりと分厚い旨味で、全く物足りなさはありません。塩梅は控えめ。
部分的に液体油層もあったけど、これは2号店でも使ってる米油とかかな?

SORANOIRO

麺をズバッと引き上げ。。って、もうこの時点でブワッとスパイスの香りが立ち上ります!
ホワイトペッパーを練り込んだという麺は「言っても、練りこんで茹でちゃったらスパイス感なんてなくなるでしょ?」という事前の予想を覆す強烈なスパイス香。
ホワイトペッパーのクセだと思うのですが、どことなくクミンとかガラムマサラとか。。エスニックな香りにも感じられ面白いですねぇ。
口に入れると、甘口の豆乳味噌スープと合わさり、スパイシーな味わいにフュージョン。この食べ方は新しいかも!

SORANOIRO

味噌ラーメンとスパイスの組み合わせ、最近のトレンドともなっていますが、ちょうど2号店の限定は味噌+チリ(チリコンカン)という組み合わせなのに対し、こちらはホワイトペッパーということで、スパイス競作的な感じになってますなw
しかもこちらは、スープ側にスパイスを仕込むのではなく、麺に仕込んで口の中でミックスさせて味わいを作り出す。。ミスター味っ子的というか、食戟のソーマ的というかw、宮崎店主にしかできないクリエイティビティを感じますね。

具材もなかなか面白い。
中央に陣取る揚げ物は、舞茸天。サクッと揚がったアツアツの衣がスープを吸っていい感じ。舞茸自体の香りもいいですよ。
また、マッシュルームやエノキ、シメジと白いキノコが盛りだくさんで、食感と風味を増しています。
うん、近々閉店の2号店のキノココンセプト、今後もこんな形で引き継いでいってもらえるとうれしいかもw

SORANOIRO


意外なのは一瞬ウズラかと思った白玉団子。軽く素揚げしてあったかな?
口に入れるとトローリととろけ、お餅っぽくてアリですね。

SORANOIRO

あと、意外な伏兵は絹豆腐。プルプルの食感もいいけど、レンゲでグズグズに崩しながらスープと一体化させると、スープがよりドロッとした食感になり食べ応えが増します。
上からかけられた唐辛子キノコオイル(?)は辛さ自体はそれほど強くなく、見た目の彩りと味わいのアクセントといった感じ。

AZS味玉は、いつもどおりのネットリした黄身が絶品。
昔とくらべて調味液が変わったのかな?割とニュートラルな味わいになった気がしました。

やはりスパイス料理ということで、食べているうちにポカポカと体が温まり、やがて汗だくにw
固形物完食、スープも完飲。大満足ででごちそうさまでした。
ビーガンでもこれだけ満足感が残るって素晴らしいw

・・・いやぁ、やっぱり店主の作る創作料理は次元が違うというか、他のスタッフさんの創作限定も旨いんだけど、やはりそれらとは別のステージにあるなぁと。
既存のメニューあってのちょい足しではなく、頭の中にあるイメージに向けゼロベースで組み立てたユニークな麺料理(敢えてラーメンとは呼ばない)は、やっぱ食べ手の心を鷲掴みにしますw一口一口に新たな発見があって、すごく楽しいんですよね。

今後も本店の限定は、こういった孤高の存在であってほしいなぁ。

--

ソラノイロ


関連ランキング:ラーメン | 麹町駅半蔵門駅永田町駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2238-d386e2c5

<< topページへこのページの先頭へ >>