中華そば 醤油(760円)@いわき市・中華そば 風 -KAZE-

2016-01-18
今日のランチはいわきで。

この前実家に帰った時に、母親が「○○さんトコ(ご近所)の2番目のお兄ちゃん知ってるでしょ?最近脱サラしてラーメン屋さん始めたらしいのよ」と。
「何味のラーメン?うまかった?」と聞くと「なんだかよくわからなかった…」「ハイカラなラーメン」だそうなw

ノス系以外見るべきものはないと思っているいわきのラーメン事情。どうせ大したことないんだろうなぁ、と思いつつ調べてみると。。。
ムムム!?かの石神さんの「食の道場」出身らしいじゃないですか。
ほぉほぉ、となると、かなり東京の今のラーメンを意識した仕上がりになってるんでしょうな。

美味しかったら応援したいし(ご近所さんだしw)、まずかったら。。まぁいいや、とにかくこりゃ食べざるを得ない!ということで早速お店へ。

平日12:05到着。
お店の2軒隣に駐車場がありますが満車。仕方ないので近くのコイパに車を停めます。
立地としては、いわき駅からはちと遠いですが歩けないほどではないといった感じ。
まぁ田舎なんで基本車で動く人が多いでしょうし、駐車場さえあれば客は呼べるでしょう。

店内はなんと満席で中待ち4。こりゃ流行ってるわ!
とりあえず食券を買おうと券売機へ。

KAZE

ほぉ。。清湯醤油と清湯塩、鶏白湯の醤油、塩、黒(マー油)、味噌、そしてつけ麺といったラインナップですか(定期的に限定もやっているらしい)。
ラヲタならこの字面から瞬時に構成を把握できますが、ベースメニューが多く、かつトッピング付きは別ボタンなのでなおさら数が多い。その割に説明が全くないので、「醤油」「しお」「味噌」的なのに慣れてるウチの親みたいな客には相当難解でしょうね~。そりゃ「何ラーメンなんだかわからなかった」というはずだわw(よく聞くと、どうも鶏白湯を食べたらしい)
せめて、写真付きのメニュー紹介ブックとかがあるといいんでしょうけどねぇ。。。

とりあえず今日はお手並拝見、ということで、「醤油」のボタンをポチ。
しばし待ち席で待機しますが、ホールの客扱いのテンパり具合と要領の悪さが気になるなぁ。。
店主さんは厨房で寡黙にラーメン作ってるだけでホールまで気が回らないみたいだし、ホールの司令塔となる人材がいないっぽいですね。

まもなく席が空き着席。
おぉ。。店主さん、確かに小学生の頃の面影残ってますやんw俺のことはわからないだろうけど。。

待つこと5分で着丼。

KAZE

あら、キレイじゃないですか。
東京での実力店で食べるのとほぼ変わりない「淡麗系の醤油ラーメン」といった出で立ち。
クリアな醤油スープの中には細麺が泳ぎ、上にはチャーシュー、メンマ、海苔、ネギ2種。
なんとなくですが、ソラノイロ本店の中華そば的な雰囲気を感じます(店名も「空」「」となんか似てる?w)。

KAZE

ではスープを一口。
なるほど、こりゃ旨いわ。まさに見た目通り、今時の東京の鶏魚介・清湯醤油な優等生的味わい。
鶏ベースに節、煮干で奥行きを持たせ、乾物で厚みを付けた感じかな。ここにすっきりした醤油ダレと液体油を加えています。
全体のまとまりはさすがの一言で、塩梅もベスト。これはいいですねぇ。
ただ、おそらく無化調なので、ちょい薄っぺらく感じるのが惜しいかな?
おそらくキーはタレで、もっと旨味の強いタレにするだけでかなり化けそうです。

KAZE

麺は角断面細ストレート。
ホグホグッとしたコシがある低加水のもので、スープの絡みも十分。量は130g程度かな。

KAZE

チャーシューは薄切りのロース煮豚スライス。量はないですがしっとり柔らかく、味付けもほどよくていい出来だと思います。
海苔はまずまず。メンマは柔らかめの仕上がりでいい箸休め。
スープが淡麗なので、ネギがうるさくないのがいいですね。

あっさり&量少なめなので、あっという間に完食でごちそうさまでした。
いやぁ、正直期待してなかったんですが。。いい意味で期待を裏切られましたね。
もうちょっと毒があれば最高だけど間違いなくハイクオリティですし、この界隈では唯一の「今時のラーメン」と言っていいでしょう。

ただ気になるのは、ラーメン偏差値が高いわけではない地方都市で、この上品な味、量少なめ、その割に強気な値付け(原価かかってるんでしょうけど)、そして顧客本位じゃない売り方(メニュー体系がわかりにくい、ホールのオペレーションのレベルが低い)がウケるのか、といった「ラーメン以外の部分」。
東京だと、味さえ良ければ多少その他がアレでもラヲタが釣れますが、地方だとそういうわけにもいかないでしょうからねぇ。。
まぁでも、今のところこの客入りを見る分には安心できるかな?

いわきのラーメンのレベルを引っ張る名店へ成長してほしいですね。
再訪は確実です!

#ちなみに同行者の食べたつけ麺は、ドロっとした鶏白湯+魚介のスープにピロピロの太平打麺といった組み合わせ。
#スモーキーな魚粉のアクセントがコンソメっぽい香りを醸し出し、これまたなかなかいい感じでした。

--

中華そば 風


関連ランキング:ラーメン | いわき駅


関連記事
コメント:
「遠縁」ながらも、何かしらの御縁のある方が
ラーメン店を出すって、いいもんですね。
そこがレベルが高ければ、我々にとっては至極の喜びのはずw
「品に自信があり!」という新店、
若手の方に多い気がしますが、ラーメンのレベルの割に生き残るのは難しい、
仰るように、はっきりわかるCPなり、中毒性なり、店主の人がらなり、
何かないと厳しいですよね。
都内でも、品のレベルは低くないのに、畳んだ店の何と多いことか。
ぜひ、ここに書かれたようなことを何とかお伝えになって、
地元の流行のお店になっていく一助を果たされては?

私も、父の友人が岡山の「あ○○き」で働いておられ、
その前は饂飩の名店を切り盛りなさっておられたので、
彼に修行してもらって、使っていない旧実家で何かお店でも?
という、夢か妄想かわからないものをもっていたりもしますw
まあ、「あ○○き」は不味いから食うな!なんておっしゃってますけどw

とりあえず、来週水曜から2週間ほど入院してまいります。
[2016/01/22 12:43] | GT猫 #- | [edit]
>GT猫さん

こんばんは&コメありがとうございます!

うーん、経営の一助ですか。。。
個人的に相当仲が良い方だったら別ですが、経営に直に関わる人間以外はそういった口出しはすべきではないかなぁと。。思ってます(聞かれたら別だけど)。何の責任も持てないし。
まぁ、某ログとかにはそれとなく書いてますけどね。
筋は間違いないお店なんで、今後よくなることに期待です。

来週から入院ですか。。お大事にしてください。
んで、またくだらない食い物談義ができることを楽しみしております(って、そんな大げさな話じゃないんですよね?)。
[2016/01/24 22:36] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2229-23e0b51f

<< topページへこのページの先頭へ >>