うなぎ丼3枚(4950円)@三島・うなぎ 桜家

2016-01-04
静岡食べ歩きツアー、続きましては三島
やっぱ三島に来たらナギウーですよねということで、三島Big3と言われる3店のうち、賛否あるけどそのガッツリ感が気に入りリピートしている「元祖うなよし」さんへ。

・・・売れ切れじまいorz

長い間本家争いをしており、たいそう仲が悪かったと言う「元祖うなよし」と「本町うなよし」さん。
いつの間にか「本町うなよし」さんは「本町すみの坊」という店名になり、中心の総合和食店になったようですね。
で、そちらに流れてもよかったのですが、そういえば2店と同じく三島Big3である「桜家」さんは未食だったなぁ、と桜家へ。

休日17:20到着。店内はほぼ満席でしたが、テーブル席に空きがありすぐに着席。
うなよし店内の食堂然とした雰囲気と異なり、こちらは落ち着いた老舗感がある和風の佇まい。
女中さんも多く、おばちゃんにラフな対応をされるうなよしに比べると若干マシな感じかな。客層も年齢層高め。

SAKURAYA

せっかく来たし、豪華版うな丼の「三枚」をお願いします(デフォは2枚。うな重だと中入れの4枚もある)。
個人的に、三島は上品に食べるモンじゃないと思ってるので、お重よりカジュアルな丼が好きw

注文から10分弱で着丼。提供までがかなり早いですね〜。
まぁ基本行列店ですから、注文を受けてから焼いてたんじゃ回せないんでしょうな。
あとで厨房を覗くと、予め焼いてあるものを再度炙ってるみたいですね。うまく回転が合えばいいけど、夜の部は常に並びという感じでもないので、ちょっと心配かな。

さて、つべこべ言ってないで食いましょう。
さすが豪華な3枚バージョン!テラテラと光るがむちゃくちゃ旨そう!

SAKURAYA

では、早速ナギウーをパクリ。
・・うん、そりゃ鰻ですもん、旨いに決まってますよねw

SAKURAYA

歯ごたえは、蒸し強めでかなり軽めのフワッフワなもの。この食感はお年寄りとかにも喜ばれそうです。
一方で焼きの香ばしさをかなり強めに付けてあり、濃い目のタレと相まって非常にわかりやすい「うなぎ!」って感じ。
ただ、魚の身の食感とか風味はあまりないですかね?軽い触感と焼きの香ばしさ、タレの濃さでもっていく感じです。

ご飯の量もたっぷりで、やはり上品な江戸前とは違う地方の「ウマイうな丼」感がありますな。
庶民なので、こっちのほうが好きw

SAKURAYA


しかし、鰻が3枚あると、残りのご飯の量を気にせずバクバク行けますね〜。
鰻一口でご飯二口、みたいな貧乏くさい食べ方をしないでいいのはものすごく幸せw
俺も稼げるようになったなぁ、的なww

肝吸いは、すっきりしたお出汁に肝の渋みが出たもの。
肝自身は食えないので相方の丼に移し、汁だけをいただきましょう。

ラストは香の物で口直しをして、温かいお茶を一杯。大満足でごちそうさまでした。
いやぁ、払っただけの満足感、満腹感は確実にありますな。

最近は三島に来ると元祖うなよし一択でしたが、こうやってローテーションしてみるのもいいかも。
次回は「すみの坊」さんかな?

--

うなぎ 桜家


関連ランキング:うなぎ | 三島広小路駅三島田町駅三島駅


関連記事
tag : 三島 桜家
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2217-d754ae66

<< topページへこのページの先頭へ >>