ラーメン豚2枚・ニンニク(780円)+汁なし(100円)@亀戸・ラーメン二郎亀戸店

2015-12-12
今日のランチは亀戸あたり。
そういえば店主さんが交代してからまだ行ってなかったなぁ、と思い出し、腹が減ってたこともあり久々に亀二郎再訪。

近くの交差点のCPに車をつっこみ、休日13:55到着。運よくカウンター席に数席空きあり。
こちらの新店主さんは関内店の流れなので、汁なしが登場したんですよね!
では、小+汁なしの食券を買って着席。関内のニラキムチと似た「タマネギキムチ」ってのもありましたが今回はまずはデフォで。

KAMEIDO JIRO

しばし待ったところでコールタイム。「ニンニク」のみお願いします。
まもなく着丼。ロット先頭ですよ。

KAMEIDO JIRO

おぉ、久々にコレ系食べるけど、やっぱテンション上がりますね!
麺の姿は見えず、たっぷりのモヤシ。中央には卵黄。
麓には豚、フライドオニオン、ニンニク。

KAMEIDO JIRO

まずは麺を引き出し一口。
麺は極太平打。ムチムチ、ムニムニのやわらか食感タイプです。
ロット1番目でこの軟さだと、後続の麺はさらに柔らかくなってそう。まぁでもこのデロった感じも直系らしくて好きですけどねw

「汁なし」というものの、丼の4/1くらいに濃い目のスープが入っています。
スープは乳化タイプで、豚肉の旨味がしっかり出たもの。化調の押し上げも当然強めです。
また、関内同様黒胡椒がデフォで入っているのがいいアクセントですね。

KAMEIDO JIRO

では、天地返ししつつ全体をよく混ぜます。
こちらの汁なし、全体的にアツアツなのが印象的で、卵黄を混ぜこむとすぐにタンパク質が凝固して、デュルンとした食感のいわゆる「釜玉」状態に。
J系の汁なし、そこそこ食べてきましたが、ここまで完璧な釜玉になったのは初めて。やっぱ温度って大切です。

KAMEIDO JIRO

ヤサイは99%モヤシ。提供直前に温められはするけど、茹で置きのデロった感じのやつです。
まぁでも、麺がデロ系なので一体化するといい感じになりますよ。

KAMEIDO JIRO

豚は部位の違うロース2種類で、どちらもかなり大ぶり。前半にいただかないと後で後悔するレベル。
1つは大きな脂身が付いたもので、もう一つは赤身中心のもの。
赤身は若干硬めでパサつきがあり、ちと臭みがあるけれど、カネシが染みているのでこれはこれでいいですね。脂身の旨さはいわずもがな。

KAMEIDO JIRO

麺量は予習していたものの、小でもかなり多めでした。体感で300g以上はあったかな?
まぁでも、柔めで咀嚼回数が少ないんで、量は食べられますねw

KAMEIDO JIRO

また、卓上に味変調味料として花椒や魚粉があるのが直系二郎としては珍しいところ。
お酢や花椒で味変しつつ固形物を完食。お腹パンパンです。
スープ割もあるようでしたが、そのままごちそうさまでした。

KAMEIDO JIRO

以前の店主さんの一杯は「コンソメ二郎」と呼ばれるのもの納得のシャバ系で、それはそれで個性的で面白いなぁと思いましたが、関内/藤沢の神奈川系に代替わりしたことで全く違う一杯になってましたね。
これまでの地元ファン層はどう思うのかわかりませんが、都内で関内系の汁なしが食べられるのは素直にうれしいですな。
またお世話になります!

--

ラーメン二郎 亀戸店


関連ランキング:ラーメン | 亀戸駅亀戸水神駅東あずま駅


関連記事
コメント:
再訪時は、この汁無しを狙っております!
その日のコンディション次第では
麺少なめも視野にw
[2015/12/14 09:02] | Y #- | [edit]
>Yさん

こんにちは&コメありがとうございます!

いやぁ、あのライト級二郎がこんなヘヴィ級になったとはw
店主さんが変わるとこれほど変わるんですな。

結構ボリュームありますんで、ぜひお腹を空かせて突撃してください!
[2015/12/20 16:03] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2198-8015586e

<< topページへこのページの先頭へ >>