正油つけめん(850円)@武蔵小山・ボニート・ボニート

2015-11-27
今日のランチはムサコで。
代々木の名店出身というお店に行ってみるも店外行列。人気なのねぇ。
並ぶ気はないのでそのまま通過→個人的にムサコNo.1のじらい屋も頭に浮かんだのですが、久々に鰹感を楽しみたくてボニートさんへ。

休日14:05到着。店内ほぼ満席でしたが奥のカウンターが1席空いてました。後客続々で待ち発生。
前回はオーソドックスにラーメンを頂いたので、今日はつけ麺いってみましょう。食券を買って着席。

BONITO BONITOBONITO BONITO

待つこと10分ほどで着丼。

BONITO BONITO

太麺の上には、チャーシュー、メンマ、ワカメ、カイワレ、ネギと具だくさん。
液体油層が厚めのスープ中に具はありません。

BONITO BONITO

まずは麺から。ツヤツヤとして旨そうです。
形状は平打縮れ。噛むとポクッとした歯切れのよさが印象的。麺味もしっかりめ。麺量は250gくらいかな?

BONITO BONITO

スープはラーメンと同じタイプの仕上がりで、鰹と醤油がガツンと来る味わいですね。
タレと油がラーメンより強化されてる感じで、こっちの方がパンチが効いてて好きかも。

BONITO BONITO

ただ。。。まぁこれがこの店の売りなわけですが、ザラザラ、ゴロゴロと口に残る超粗挽きの鰹節の食感はやっぱり気になるかな。。。

BONITO BONITO

スープの粘度はなくシャバ系。
平打の縮れ麺なのでしっかり麺と絡むと思いきや、それほど絡まない感じですね。
結果、濃い汁なんだけど、濃厚感はそれほどありません。麺を啜りながらレンゲでスープを飲む感じの食べ方に。

BONITO BONITO

チャーシューはロース煮豚スライス。箸でホロホロと崩れるまで煮こまれた絶品ですね。
ちょっと冷たかったのでスープに浸すとより旨さアップ。

BONITO BONITO
メンマは「竹感」溢れるゴリッとした硬めのもの。なかなか存在感あっていいですよ。
カイワレとネギ、ワカメはスープに投入。一気に入れるとスープの温度が下がってしまうのが玉に瑕。カイワレの辛味と清涼感はいい感じ。

BONITO BONITO

ラストはスープ割。割スープの温度で鰹の香りが復活し、おいしくいただけますな。
ということで、サクッといただきごちそうさまでした。

うん、ムサコのラーメン屋の中ではもはや古参と言っていいこのお店ですが、やはりしっかり一本筋を通した個性がありつつ、ファン層の世代が偏らない味作りなのが長続きのポイントなんでしょうかね。
今度は「あらびき」じゃない「煮干しラーメン」を頂いてみたいと思います。

--

ボニート・ボニート


関連ランキング:ラーメン | 武蔵小山駅西小山駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2187-c4e13a90

<< topページへこのページの先頭へ >>