もりそば(360円)+ミニ天丼(260円)@秋葉原・そば うどん あきば

2015-11-18
今日のランチは秋葉原
路麺な気分ですが、今日は土曜。そうなると二葉、川一はやってないか。。
んでは、久々に名店あきばに行きましょう。

ということで、休日13:45到着。前客1、後客3。
これまでぶっかけ、鴨南と食べていますが、やはりこちらのお蕎麦は冷たい方が好み。
ということで、シンプルに「もり」、それからお腹一杯にするため「ミニ天丼」の食券も購入、と。

AKIBA

厨房の店主さんに食券を渡し。自席を確保。
生麺都度茹でのため、しばし待って呼び出し→セルフ着丼。

AKIBA

ほぉ、白っぽくて細い麺が旨そうです!
また、うれしいことに天丼はただのかき揚げ丼じゃなく、玉子とじのかき玉丼!

AKIBA

では、蕎麦を一口。
うん、やっぱりここのそばはもり/冷が抜群に旨いですね!
喉越しよし、噛みしめるのが楽しくなるコシとハリもしっかり。
蕎麦には珍しく、モギュッとした弾力があるのが特徴的です。
また、噛むほどに蕎麦の香りと甘みが口に広がり。。。麺と塩だけで食べたくなる、路麺とは思えない抜群の旨さ!

AKIBA

辛汁は、ちょい甘口で醤油と鰹がしっかり効いたもの。
ガツンと来る塩気はないので、蕎麦を多めに浸けて啜っても問題ないです。

AKIBA

かき玉丼のかき揚げは、型に入れて揚げられたと思しき厚みのある円筒形のものを玉子で閉じてあります。
玉子でとじてくれる天丼と言えば、これまで経験したところだと「だし家」「甲斐そば」くらいかな。

AKIBA

玉子は半熟以下のドロリとした仕上がりで、ご飯はTKG状態に。
また、揚げ置きのかき揚げを玉子とじにする際に割り下で煮こまれているので、かき揚げは暖かく、汁が染みてグズッとした食感。

AKIBA

割り下の塩気はかなり控えめで、丼物としてはもうちょっと塩気が効いてた方が好みかな?
でも卓上にかえしがあるので、それをチョイッとかけたらちょうどいい塩梅に。
ご飯はかなり少なめで、かき揚げのボリュームの方が多く感じました。

AKIBA

ということで、サクッといただき満足でごちそうさま。
相変わらず路麺を超越したクオリティ。
そして量は多くないですが、このクオリティで600円ちょい、ってのはうれしいですよね。
またお世話になりたいと思います!

--

あきば


関連ランキング:そば(蕎麦) | 秋葉原駅末広町駅岩本町駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2179-7117ea7a

<< topページへこのページの先頭へ >>