FC2ブログ

どか盛り野菜らーめん(750円)@目黒・麺家 黒

2010-06-05
KURO

軽めの豚骨醤油が食べたくなったある休日、目黒に用事があったので、近辺でお店をサーチ。
当然メグジという選択肢もありますが、ホープ系も捨てがたい。でもやっぱ今日は家系っぽいのが食いたいかな、とこちらへ初訪。

休日14:40到着。
こんなハンパな時間なのに、数件隣のづゅる麺 池田さんは大行列。でもこちらのお店も負けておらず、行列こそないですが、ほぼ満席をキープしている状態。さすがラーメン激戦区、権之介坂。
威勢のいい店員さんの声を聞きつつ、お店入って右側の券売機で食券を購入。
初めてのお店ではできるだけノーマルのメニューを食べようと思っているのですが、なんだか「どか盛り野菜ラーメン」というのが一押しっぽいですね。ネーミング的にJ系な匂いがします。
んじゃ、腹減ってるし、ここは一つ「ドカ盛り」いってみましょう。

カウンターに着席し、店員さんに食券を渡すタイミングで、好みとライスの有無を聞かれます。
そこそこ量が多そうだったので、麺の伸び対策として固め指定で。
あとライスは小をお願いします(小・中・大どれでも無料らしいです。太っ腹!)。

待つこと4分ほどで着丼。
後ろで順番待ちをしていたカップルから「何あれ!」との声w

・・・なかなかすごいビジュアルになってるんですがwww
キレイに丸い型にはめて作られた、高さ15cmくらいの半球形のモヤシの塊が載っています。さらにその上にはたっぷりのホウレンソウ。
モヤシはおそらく、テボにギュウギュウに詰め込んで茹で、そのまま形を崩さないように麺の上に置いたものでしょうね。
その他の具は、小さめのチャーシュー1枚、そして海苔4枚。
まぁでも、Jの洗礼を一度でも受けたことがある人ならビビることもありませんな。早速いただきます。

まずはスープを一口。
分類は、ライト家系という言葉、そのまんまですね。
多少豚臭さが感じられる豚骨メインのスープに、すっきりとしたカエシ。
出汁感は薄めでシャバシャバ。鶏油のコッテリ加減もそれほど感じられません。正直、家系としては物足りないです。
これから大量のモヤシを摂取するためには、ちょっとパワー不足は否めません。せめて「濃いめ多め」にしとけばよかった。。。

では、モヤシの下から麺を引き出し、一口。
麺は家系にしてはかなり細め。中細の丸断面ストレート。固めの茹で具合でゴワッとした口当たりが特徴。噛むとちょっと粉っぽさを感じます。
この麺で固めコールは失敗でしたね。デフォかゆるめで、もうちょっとムッチリさせた方が、このスープには合う気がします。

では、この丼の構成要素の中で最大の体積を占めるモヤシを頂きます。
モヤシと書きましたが、2%くらいはキャベツが入ってたかな?茹で具合はシャキ系で量も多く、なかなかおいしくいただけますね。
ただ、スープのボディが弱いので、モヤシの量的なパワーの方が勝ってしまう感があります。

麺量は少なく、130g程度か。
モヤシとのボリュームバランスが全く取れていなく、麺があっという間になくなり、残るはモヤシスープ、という状態に。
バランスと食べ応えを求めるのであれば、せめて中盛りにした方がいいかもしれません。

チャーシューは、薄めのモモ肉。
脂身はほとんどないのですが、とても柔らかく、箸で切れるレベルです。味付けは薄め、でも肉の味を楽しむというわけでもない、ちょっとハンパな感じ。
海苔は4枚。ライスに巻いて食べようと思っていたら、スープを吸ってバラバラになってしまいました。

トータルで見て、「ネタ度」優先のあまり、全体のバランスが悪くなってしまった一杯、という印象。
「モヤシを多くしただけ」で他の部分に一切手を加えていないので、いろんな場所で違和感が生じてしまうのでしょうね。
ただ、デフォのラーメンに100円マシでこんなに野菜を摂取できる、しかもライスまで食べられる、という意味でC/Pは相当いいんですが。。。

今日はモヤシに圧倒されて頼りなく思えたスープも、デフォの構成だとしっかり味わえるのかもしれません。
次回来る際は、飛び道具に走らず、デフォのラーメンを頂いてみたいと思います。
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/216-d53097d5

<< topページへこのページの先頭へ >>