【10月限定】鯛潮煮干しラーメン(1000円)@麹町・ソラノイロ salt&mushroom

2015-10-21
今日の遅めのランチは麹町
最近仕事が立て込んでまして。。。あまり遠くに行く時間はない。
・・・となれば、「ラ」ならソラノイロ、「路麺」ならそばうさorあさひですな。
そういえばソラノイロの秋の限定メニュー、本店のサンマのやつは食べたけど、2号店の煮干のやつはまだだったんですよね。
この時間なら行列もないでしょうし、サクッと行きますか、と2号店。

平日14:15到着。なんと店内満席、後客続々。
たまたまかもしれませんが、この時間でも客入りいいですなぁ。。。

SORANOIRO

これだけ客が入ってると、15食限定は厳しいかな?と券売機を見ると。。ありました!
なんでも、人気なので仕込み数を20食分増やしたんだとか。ありがたや!
食券を買っている間に席が空き着席。
オペが集中したタイミングだったようで、クイックオペレーションのソラノイロにしては珍しく、20分弱待って着丼。

SORANOIRO

クリアなスープの上には青菜、カイワレ、白髪ネギ、糸唐辛子、のお刺身。
POPにある酢橘はありません。

SORANOIRO

では、スープを一口。
ちょ。。。スープめちゃくちゃ旨いですやん!
煮干と昆布を水出ししたものがベースとのことですが、おそらくこちらの塩煮干と共用しているカエシの旨味も同時に炸裂しますね。
塩煮干よりもベーススープがまろやか&穏やかなので、よりカエシの個性が際立つというか、ぶっちゃけよりもカエシに仕込まれた(たぶん)貝系の力強い旨味が一口目からグイッと口に広がります。
このカエシの風味は元々大好きなので、これは相当好みですね~。どことなくバターとかコンソメのような洋風な雰囲気も感じられ、和出汁というより「フュメドポワソン」って印象に近いかも(フュメドポアソン食べたことないけどw)。
POPだと「お吸い物のような」って書いてあったのでものすごく淡白なのかと思ったら、かなり旨味強めのチューニングにびっくり。
いずれにせよ、単にあっさりに終わらせず複雑な旨味をうまくコントロールしており、ハイレベルなバランス感を感じますね。塩梅もジャスト。ジワジワ旨くて、レンゲが止まりません!
ちなみに最初「塩」と聞いた時頭に浮かんだのは「灯花」なんですが、あちらの味作りとは全然アプローチが違いますね~。でもどちらも文句なしに旨いです。

SORANOIRO

麺は角断面細ストレート。限定メニューなので中盛無料の対象じゃないのが惜しいところ。
パツン、よりもちょい粘りがありフツッと噛み切れる密度感のある麺です。スープの絡みも十分。

SORANOIRO

はお刺身とお刺身スモークが一切れずつ。
身が薄く小さいので、まぁメニュー名との絡みと豪華っぽい食材として投入したという位置づけかな?
スモークはそこそこ存在感あってよかったけど、でも普通にチャーシューでもよかったかな。

ツルムラサキはラーメンの具としては珍しいですね。太い茎ごとの提供で、ゴリゴリの固さだったのはご愛嬌w
葉っぱの部分は独特の草臭さとヌメヌメした食感が面白いですね。ただ。。クセのある味なので、このスープと合わせる必要性は正直微妙かも?意外とクレソンとかの方が合うかもね。
白髪ネギとカイワレはスッキリしていながらもコクの強いスープのいい清涼剤。糸唐辛子も辛味でいいアクセントになってくれます。

麺が残りあと一口となったところで、厨房奥に「お茶漬けおなしゃす!」と指示が飛び→麺を食べ終わると同時に茶漬けがサーブ。
しかしスタッフさん、よく見てますね~。こういうJITな対応、なかなかできる店少ないですよ。

SORANOIRO

ご飯は半膳分くらいの量。
そこに刻み海苔とあられが配され、ここに残ったスープを入れてお茶漬け仕立てでどうぞ、とのこと。
アラレの風味が強いので、スープの良さは若干スポイルされる感はあるけれど、それでもやっぱり美味しいスープが映えますねぇ。ズルズルと完食。当然丼はからっぽ、大満足でごちそうさまでした。

SORANOIRO

うん、2号店久々に来ましたが、当然味はよし。そして宮崎さんや岩瀬さんがいなくても雰囲気&接客よしで、今後も安泰ですな。
そしてこの一杯、具のチョイスが若干難しい印象を受けたけど、ラーメンのキモであるスープと麺はさすがのクオリティでした。淡麗系が好きな方にはぜひオススメしたいところです!

--

ソラノイロ ソルトアンドマッシュルーム


関連ランキング:ラーメン | 麹町駅半蔵門駅永田町駅


関連記事
コメント:
お!さりげなく客をきちんと見てる!
出来るお店の条件、充たしてますね!
煮干というイメージが私にはないお店ですが、
やはり相当の使い手のようで、
「洋」なアプローチ!
駒込の「きなり」で、そういうのを経験しましたが、
鯛に対してどうアプローチしたのか気になるところ。
そして、確かめようがないのが哀しいところ…。
[2015/10/21 22:45] | GT猫 #- | [edit]
タムさん、こんばんは。

お!こちらでも鯛ですか!
何となく四谷のお店を意識した感じがしますが、ソラノ色に染まった味わいとなっているのでしょうね。

食べてはみたいですが、ちょっと厳しいかな・・・
[2015/10/23 20:59] | azteca #- | [edit]
>GT猫さん

こんばんは&コメありがとうございます!

今回の一杯は、鯛の旨味もそうなんですが、ここのカエシの旨さを再確認できたかな、と。
この独特の旨味を、鯛と昆布がうまく下支えしてるイメージで、むちゃくちゃ旨かったです。

麹町はなかなか縁遠い街ですかね?
ソラノイロ本店、2号店どちらもすんげぇオススメですよ〜。

--

>aztecaさん

こんばんは&コメありがとうございます!

四谷と同じ「鯛」でのアプローチということで、どんな差別化をしてくるか気になってたんですが、全然違いましたねぇ。
四谷は鮮魚系の鯛の旨味をうまく引き出してる感じで、こちらは乾物としての旨味をカエシのコクと一緒にまとめた感じです。

これ相当オススメですよ。四谷と食べ比べてみてほしいです。
今月一杯やってるし、1日あたりの杯数も増やしてるそうなんでぜひ。
[2015/10/25 22:43] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2154-c2cc8ca0

<< topページへこのページの先頭へ >>