チャイナ・醤油・ジャンボ(650円)@有楽町・ジャポネ

2015-08-22
今日の晩飯は会社帰りに有楽町
・麺な気分だけどラーメンじゃない
・かといって路麺では物足りない
そんな時はジャポネでガッツリ行きましょう。

平日19:55到着。
ギリ閉店間際ですが、こちらは20時までに並んだお客さんにはきちんと提供してくれるんですよね。
つか。。。待ちゼロ空席あり!こんなこともあるんですな。

サクッと着席し、今日の注文は「チャイナ醤油ジャンボ!」。
「ナポリタン」や店名を冠するメニュー「ジャポネ」が有名なこちらのお店ですが、今日はザーサイ入りの醤油味焼きスパ「チャイナ」で。

今日はちょうど焼き場の目の前に座れたので、鍋振りワークをガン見。
麺をビニール袋から出してスプレッドで炒める仕込み担当を若手のスタッフ、そしてそこから隣の五徳にパンを移動→具の投入、味付けを行い仕上げるのが熟練の職人さん。この二人のコンビネーションが見事!

JAPONE

さて、待つこと10分ほどで着丼。
チャイナは塩味も選べるのですが、醤油はより香ばしさが立って食欲増しますねぇ。。
醤油色がしっかりつき、所々焦げたスパゲティ。具は小松菜、タマネギ、ザーサイとシンプルでヘルシー。

では一口。
あぁ、塩バージョンより旨味とコクが増える感じですね。
塩だとシャープにザーサイの塩気と風味で食わせるタイプでしたが、醤油だと、醤油が包み込む全体の味わいの中のアクセントとしてザーサイがある、的な感じに変化。
醤油のコクとザーサイの旨みが組み合わさることで、シャープだった塩よりも味わいに深みが出るような感じ。
ジャリコ(醤油味)とバジリコ(塩味)だったらジャリコの方が好きなのと同じで、個人的にはこちらの方が好きかも?

JAPONE

麺はいわゆるソフト麺タイプの太麺スパ。フカフカの独特の食感がいいんですよね。
決してここでは「アルデンテ」なんて言葉はありませんw
また、所々焦げたところがまた香ばしくて旨いんだよなぁ。。スプーンが止まりません。

小松菜は茎部分が多めで、シャキシャキとした食感とほろ苦い風味がいいアクセントに。
また、ザーサイのクセと塩気がいい感じに作用します。

JAPONE

麺量は茹で後で500gくらいかな?やっぱりジャポネに来たらジャンボ(大盛)にしないと、この満腹感と満足感は得られないですな。
ということで、サクッと頂きごちそうさまでした。
いやぁ、やっぱここの焼きスパはオンリーワンの魅力にあふれてますね。
コピー店も増えましたが、やはりここに足を運んでしまう「引き」があると思います。

さて、これでジャポネのレギュラーメニュー制覇まであとひとつ(明太は食えないのでカウントしないw)!
次回は「梅のり」の醤油味をいただきましょう。

--

ジャポネ


関連ランキング:パスタ | 銀座一丁目駅有楽町駅銀座駅


関連記事
コメント:
タムさん、こんばんは。

着実にコンプ目指していたのですね!
色々と食べてみたいのですが、やはりナポリにしちゃうんですよね。
でも炒めた醤油の香ばしさは美味しんだろうなぁと思っちゃいます。
[2015/08/22 23:32] | azteca #- | [edit]
>aztecaさん

こんばんは&コメありがとうございます!

そうなんです、コンプなんです!
というか、明太子が食えないので仮コンプですが。。。w

ナポリタンですか?
ここのは旨いですが、でもやっぱジャポネは醤油系が一番だと勝手に思っておりますw
あ、でもaztecaさんには、インドとキムチをオススメしたいかも!
どちらもかなりパンチ効いててハマると思いますよ〜。
[2015/08/26 21:55] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2114-843b079c

<< topページへこのページの先頭へ >>