ラーメン・ニンニク(700円)+生とじ玉子 カツオだしキザミ海苔入り(100円)@御成門・ラーメン二郎新橋店

2015-08-11
今日の晩飯は新橋付近で。
腹が減っておりどうにも気分はJ!
ということで、最近そこそこよい評判を聞く新・新橋店へ2度目の訪問。

平日20:55到着。店内カウンターは満席、店内待ち2。
食券を買おうとしたところ、超絶に気になるトッピング名が。

SHINBASHI JIROSHINBASHI JIRO

「生とじ玉子 カツオだしキザミ海苔入り」

何それ?
なんとなく玉子であることは理解できるんですが、なんか面白そうじゃん!
・・・とか考えていたら助手さん「大きさだけ教えてください」「小で~」
では、小と生とじ玉子の食券を買って待ち席へ。

回転は早く、まもなく席が空き着席。
玉子の食券を見ると、すぐに「生とじ玉子 カツオだしキザミ海苔入り」登場。

SHINBASHI JIRO

なるほど、大きめのお椀に生卵、出汁醤油、魚粉に刻み海苔が入ったもののようですね。これですきやき二郎せよ、と。
トッピングで魚粉や鰹節を入れてくれる直系店もありますが、それと玉子を融合させて100円。これはなかなかC/Pの高いトッピングじゃないですか!

こちらのトッピング、当然ラーメンが着丼してから使うものだと認識していましたが、初二郎と思しきお隣さん、この玉子を頼んだはいいものの、先に玉子を溶いてジュルジュルと単品で啜って食べてしまったようです(汗
まぁ、そういうやり方もあるかな?なんせ二郎は自由だからね!

さて、5分ほどでコールタイム。ニンニクのみお願いします。
さて着丼。

SHINBASHI JIRO

うん、この程度なら楽勝ですな。
・・・と思いきや、あれコレ小豚?
かなりのサイズ感の豚が3切れぐらいゴロゴロ入ってるんですが。。。まぁなんとかなるか。

SHINBASHI JIRO

まずはレンゲでスープを一口。
うん、直系の名だたるお店には及ばないものの、これはこれで悪くない完成度。
系統としては、微乳化で豚出汁はほどほど、カネシの甘みがグッと出た甘じょっぱいタイプです。
前回は全体的にライトすぎて、卓上のカネシボトルを駆使しないとダメダメだったのですが、なかなかいいバランスになってると思います。
ここに刻みニンニクが加わると。。相変わらずこの瞬間のケミストリーは脳内麻薬ドバーッ!ですねw

SHINBASHI JIRO

麺は池袋とかと共通の、エッジが立ちゴワッとした角断面極太ストレート。うどんに近い形状と食感ですね。

SHINBASHI JIRO

前回は茹で過ぎ感ありヘロヘロ麺で情けない有り様だった(麺固めコールが飛び交っていた)ので、この麺ならかなり好感度アップ。
麺量は直系としてはそれほど多くはない部類で、250g弱くらい?

SHINBASHI JIRO

ヤサイはほぼモヤシ。ちょっと臭みがあるのが気になりました。
豚は前述の通り、小豚?とツッコミたくなるレベルの分量。

SHINBASHI JIRO

たぶん端豚だから、切るのがめんどくさくてそのまま放り込んだような感じでしょうかw
まぁでも、1/3くらいがぷりぷりの脂身。赤身もしっかりカネシが染みて柔らかく旨いですなぁ。難なく完食。

SHINBASHI JIRO

さて、途中から「生とじ玉子」使いましょう。
よく溶いたところにヤサイと麺をジャブッと浸けて頂きます。

SHINBASHI JIRO

・・・うん、甘じょっぱいカネシ感と玉子による「すきやき二郎」の王道の味わい。
そこに、海苔の香ばしさと魚介出汁が加わるので、味変アイテムとしてはさらにドラスティックに味変しますね。
和風感が加わることでどことなくさっぱりするので、グイグイ食べられる感じで食が進みます。
最終的には、残った玉子を丼へ投入しマイルド二郎化→固形物完食でごちそうさまでした。

SHINBASHI JIRO

うん、NSプランニング系ということで、直系としては色眼鏡で見てしまう部分もある新橋店ですが、しっかり二郎してるラーメンが食べられてなかなか満足です。
以前夜に来た時はガラガラだったのですが、今回は食べ終わってもまだ店内待ちは途切れず。やっぱ客の舌は正直というところでしょうか?
また、この海苔や魚粉が入った玉子は、新橋ならではのキラートッピングアイテムとしてジロリアンを引き寄せる引力源になってくれるかもしれませんね。
・・・コレクター基質のジロリアンの皆さん、早速食べたくなったでしょ?w

--

ラーメン二郎 新橋店


関連ランキング:ラーメン | 虎ノ門駅御成門駅神谷町駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2105-da90dcc4

<< topページへこのページの先頭へ >>